FC2ブログ

フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。
Sponsored Links

【全日本選手権】 男子フリーを見終えて、感じること

久々に書きますが…うーん、やっぱ熱くさせてくれるなー、高橋大輔という選手は。選手だって。未だに信じがたいよ。が、同時に、なんか普通だ。普通に選手として、この状況を受け入れている自分がいる。僕が受け入れるも何も、実際そうなのだけど。

でも、どんな高橋大輔でもよかったわけではない。困ったことに、そこまで心が広くない。そんな狭量な自分の中に、スーッと、いつのまにかどういうわけか、それこそ滑り込んできたのかなんなのかよくわかんないけど、いま普通に選手として存在してるってどんだけだよ。どんだけすごいんだよ。このすごさ、何せ僕の中の勝手な話なので、おそらく伝わらないであろうことがもどかしい。ああもどかしい。もうどんだけ~って感じだ。どういう感じだ。

あるカメラマン曰く、彼はどこをとっても(撮っても)絵になる、という話を聞いたことがある。まあ、よくある話っちゃそうで、表現っちゃそうで。でも、うん、そうだよなーと思った。そう思ったことを思い出した。いや、だって今日も絵になっていたから。
そしてそれこそが、彼の強さ、なんだよな。力の源泉、その一つというか。ジャッジに、やっぱこっち!って、もう一段階いい方をポンっとさせる力。タッチさせちゃう、美しい後押し。それがこの競技において、どれほど大きな力になることか。ジャッジ云々は妄想ですよ。けど、それがなんだっつーの!!…ごめんなさい、なにせいま熱くなっているもので、自分でも手がつけられないのだ。

しかしそういうところが、そういう力の持ち方がここではできる…と素人が言い切ってよいものかはアレだけど、あらためて伝えられる「選手」の存在は、とても尊いことだと思う。表現に点数は付けられない? いや、付けられるのだと。長い時間をかけて積み上げられてきた、そして広く共有されている(と信じたい)考え方はたしかにあって、これはそれらを基に競い合うことができる、純然たる「競技」なのだと。

…えーっと、全体的に何言ってんのか自分でもわかんないや。でも、久しぶりだ、こういうわかんない感じ。フィギュアスケートって、こういう方向にも空間が広がるんだっていう感じも、普通のテレビで見てても、なんかすげー立体的だっていう感じも、自分にとっては久しぶりの感覚だったかもしれない。

かもしれないといえば、今日の出来で…って思われるかもしれない? いや、うん、どうなんだろ。最後の最後で逃げを打つ、この卑怯な感じもわれながら久しぶり。でもとにかく、いちばんに言いたいのは、心から感じる気持ちは…おかえり、大ちゃん。やっぱシンプルに、これだよな。あ、ただいまっすーって軽く明るく言ってくれそうなあいかわらずの「あの感じ」くんも、ついでにおかえり。競技会(の中継)でまた君が見られて、僕はとてもうれしいよ。
スポンサーサイト
[ 2019/07/13 20:30 ] 18/19シーズン | TB(0) | CM(-)

「最初の演技者」として滑り、その描く軌道の美しさも堪能できるパトリックのEX

…ということで、いまだに見返すことのあるこの演技。復帰明けで結果的に成績が振るわなかったためのこの位置、だった(と思われる)わけですが、これまた結果的にレア(と思われる)なめちゃくちゃきれいな氷で滑るめちゃくちゃきれいなパトリックのスケートが視覚的にもきれいだね!という有様で、めちゃくちゃおすすめしたいのです。





プログラムもめっちゃ好きだし。唯一の(?)カート振り付けで、超メジャーな曲との相性もバッチリで、ムチT姿も演技もなんだかとってもかわいいのだ。インタビュー姿もついでにかわいかったので、そちらもどうぞということで。

フィニッシュがちょっと勢いあまって決めきれないところもかわいいね!つーか、解説カートがしとるんかい!!
[ 2018/03/23 23:39 ] 17/18シーズン | TB(0) | CM(-)

思い出めぐりが止まらないパターンの夜

トリノの世界選手権(ブライアンね)&ボーン振り付け(ネイサンね)つながりで…



やっぱこれでしょ!という。ジェレミー唯一のボーンさん振り付け作品…だったような。もう何万回レベルで見返しとるっちゅうねん。そして、こういうつなげ方もしちゃうという…



ジェフ版『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』!! このキーラ、めっちゃカッコいいっちゅうねん。大好き。思えば、彼女もボーンさん振り付けで花開いた面があるといいますか、それまでは曲選びも独特で、どこか謎なトコがあったところに、『虹の彼方に』で一気にセンターに来た!的な。ああ、懐かしい…もっと語りたい…。
[ 2018/03/23 23:05 ] 17/18シーズン | TB(0) | CM(-)