フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界選手権】 羽生結弦選手のSPの演技

最後、彼が両掌をグッと握りしめた瞬間、ゾクッときました。素直に、すごかった。すばらしかったです。あらためて、カリスマのカリスマたる所以を見るような思いがした。まったく、恐ろしい男だ。

4回転は、跳び上がったときヤバいかな…という感じだったのですが、よくこらえたなー。スローで見ると、かなり危ないことになっていたのだなという着氷が、ノーマルで見ると結構スクッという感じで、あまり後を引かないミスのかたちだったような気がします。

そこからは、おそらく皆さんがいちばん心配していたであろうコンボが、ベストの着氷とはいかなかったものの、全体として流れが途切れることのない演技。その流れの中、至る所に緩急を効かせまくる振り付けが秀逸で、それを演じる羽生選手の、どういえばよいのか、空気を自在に操り弄ぶ的な、そうして支配しつつ躍動し、けれど抑制はきちんと利かせている、みたいなコントロール感がたまらなかった。ホント、どういえばよいのかで、これ伝わるのか?

しかし、SPは上手くいったけど、フリーはどうなるか…という不安に対し、いやいや、フリーの方が自信はあるよと。滑り込んできたと。じゃ、フリーも上手くいくんじゃね?と自然に、自然に感じてしまう僕がどうかしているのか、そう感じさせる羽生結弦が、やはりどうかしている(失礼な!)恐ろしい男なのか、どっちなんだろう。
いずれにせよ、今夜のフリーが楽しみでなりません。ミスこそありましたが、内容としてもベストだと感じたのは、羽生選手の演技でした。自分にとっては。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/28 13:42 ] 世界選手権 | TB(0) | CM(2)
魅せてくれました
こんばんは。
いや~羽生選手のショート、素敵でしたね、ゾクゾクしました。おっしゃるように握りしめた拳にもゾクゾクゾクっと。そして美しかった!羽生選手は元々「表現」という面でも極めて高い能力を保持する選手だと思いますが、昨今の競技プロでは、競技に徹する(ジャンプの成功に徹する?、かな?)ように感じてそのあたりが物足りないというか、もったいないというかそんな印象でした。が、この日のショートはその辺の力みもなく見えて、格が違うと言わんばかりに魅せてくれました。素晴らしかった。PCSも納得でした。
(あ、でも昨今と言っても「パリの散歩道」は世界有数の名プロだと思っているし、名演も続出の素晴らしいものでした!)

ところで、聞いてください!お馬鹿な私は地上波放送、男子はSPもライブだと思い込んでいてテレビの前にでんと腰を構えたのもつかの間、情報→煽り→CM→CM→CM、に疲れ果て、ようやく始るもファリス・小塚ショックにすっかり意気消沈してやる気(見る気)が失せてしまい、それでも頑張ろうと(見るぞ、と)。いつまで続くのか?選手→煽り→CMのループにイライラが募りマックスのところで、勝敗を変えたかもしれないデニスの音響ミス!(これは局のせではありませんが)、怒りを超えて悲しみでワナワナしてしまい…。羽生選手があの演技してくれなかったらテレビが壊れていたかもしれません。翌日はどこかでお風呂に入ろうと思っていたらいつの間にか画面上にLIVEの文字が!結局二日間局の術中にはまってしまいました。スポンサーも重要ですから仕方がないとも思いますが(でもCM内容全く覚えてないよ!それでいいのかフジテレビ!)、Jスポでライブが見たいですね。
後半くだらない話ですみません(泣)。
[ 2015/04/02 22:29 ] [ 編集 ]
Re: 魅せてくれました
忍さん、こんばんは。

> この日のショートはその辺の力みもなく見えて、格が違うと言わんばかりに魅せてくれました。素晴らしかった。PCSも納得でした。

たしかに、そう言わんばかりの演技だったと僕も。なんなんだろう、彼のあの「格別」感は。

> 後半くだらない話ですみません(泣)。

いえいえ、よーくわかります(笑)。でもSPのときは、生だったらジョシュアが、タカちゃんが放送されないかも…なんて震えていた僕もいた。しかし、しかしスポーツはやっぱライブでやってほしい!その方が、絶対スポンサー的にもいい結果になるような…というのは素人の意見なのかなー。

タロウ
[ 2015/04/03 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL