フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

「アーミン」といえば…



2009/10シーズンのSP、"Virtuoso"もナイス選曲だったと思っとります。
スポンサーサイト
[ 2011/07/18 11:52 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)

「カシミール」といえば…



思い出すのは張丹張昊組の2005/06シーズンのSPですが、実は(ってこともないけど)その翌シーズンの"Spanish Caravan"と"Hello I Love You"の組み合わせも大好物だったりして…。どうすか?…聞かれても困るか。
[ 2011/07/18 11:48 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)

アーミン・マーバヌーザデー選手の新SP



この時期最大のお楽しみといっても過言ではない?恒例の"Liberty Summer Competition"が今年も開催され、ありがたくもその動画をアップしてくださる方がおられましたので、さっそく拝見。男子SPに出場したアーミン・マーバヌーザデー選手は、新しいプログラムを披露してくれましたよ。つーわけで、『カシミール』きました!いいっすね~。非常にカッコイイ仕上がりになっているのではないかと。
そういや昨シーズンは、同じ先生の門下生だったアシュリー・ワグナー選手がこの曲を使用したものの、どういう経緯があったかはわかりかねますが、結局プログラムを戻したことが。じゃあボクいただき!…となったのかどうかはわかりませんが(関係ないか)、いい曲選んだなーと率直に思います。「おっ!?」と思わせることも大事ですからね。

まあ夏の大会なので、あまり詳しく演技の内容に立ち入るべきではないかもしれませんが、でも「4回転」入れてきましたねー。おそらくそれを大前提に構成を組んだプログラムだと思うので、あとはトライあるのみか。選手の皆さんにとってはたいへんですが、今季の男子はSPからよりエキサイティングな展開になりそう。なるべく多くの選手が報われる瞬間を見たいものです。
アクセルから足換えのキャメルスピンまでの流れがなかなかたまらん。ジャンプを跳ぶ瞬間、スピンの見せ場からその終わりまで、そしてまた次のスピンの見せ場と、ステップもそう感じるのですが、音楽をとても上手く使っているし、よくとらえられているような。ですから、すべてのピースがハマれば、これはかなりいい印象を与えられるんじゃないかな?少なくとも、僕にとっては大のお気に入りになりそう。

(さすがの)スピンもオールレベル4の構成になっていると思いますし、このプログラムで今シーズンを戦うマーバヌーザデー選手の活躍が、いまから非常に楽しみ。アメリカの層の厚さはハンパないけれど、ぜひともがんばってほしいですね!
[ 2011/07/18 11:28 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)