フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テクニカル、テクニカル、テクニカル。

高橋大輔選手のフリー後のインタビュー(テレビ朝日。BS朝日放送分)より。

「いや、テクニカルがあの…かなり低かったので、やっぱそこらへんが課題だなと」
「まああのホントに…(苦笑)、4回転をかなり決めてる選手がたくさんいますし、まあこう、あの…点数見てもテクニカルの部分が今回7人目ぐらいの点数で、7番目ぐらいの点数で、まあこれだと勝っていけないので、まあそこらへんがやっぱりこれからの課題だなと思います」
「でもあとはホントに…(苦笑)、あの、テクニカルの部分が課題っていうのがやっぱりまた再確認できたので、まあそこらへんをもうちょっと重点的に、まあ夏ちゃんとできなかった部分を、これからシーズン後半に向けて取り戻していけ(れ)ばいいなと思います」

…ということで、自らの課題をわかりすぎるぐらいにわかっている、あらためて認識していることが窺えるインタビューでしたが、まあそういうことだと思います。
多くの課題があること、それは間違いないし、現状は厳しい。しかしこの大会は(高橋選手にとって)GPの初戦、まだシーズンの序盤に過ぎないこと、そしてまだ彼はいろいろなものを「取り戻す」途上にあること、それよりなにより大事なのは、高橋選手はまだあらゆる意味で「上を目指す」ことに貪欲だ、そのことではないかと。
以下、各メディアの記事より(カッコ内は記事本文より引用しました)。

スポニチ
「他の選手が4回転をポンポン決めていく中で、自分にはコンスタントに跳べる4回転がない」
(http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/10/31/kiji/K20111031001929990.html)
時事通信
「4回転にコンプレックスがあり、自信を持って試合に挑めていない」
(http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011103000017)
スポーツ報知
「差が大きい。先が遠いなと正直感じつつある」
(http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20111031-OHO1T00103.htm)

これらの記事を読むと、何か焦りのようなものを感じますよね?たしかにそれだけ現状が厳しいといえばそうなのだろうし、そうそう容易に事が運ぶ性質の問題ではないかもしれない。しかしなぜ焦るかといえば、なぜ他の選手の動向が気になるかといえば、それはまだ高橋選手が彼らと同じ土俵で戦っているからで。対等に戦いたいと望んでいるからで。それを僕はうれしいな、頼もしいなと思ってしまうのですが。
他の選手の動向を気にするだとか、そりゃあれだけすばらしい選手たちのすばらしいジャンプを見れば、目が向かない方がおかしいというものかもしれないし、それにしても今季間に合うのかな…とは思いますよ。でもまずは、この胃がキリキリするような厳しい場所に、彼はまた戻ってくれた。そのことをあらためて喜びたい…というのは、暢気過ぎるかな?

もっとスケーティングを向上させたい。これまで目を背けてきたことに向き合いたい。違うジャンルの音楽に挑戦したい。4回転を取り戻したい。そのどれもが、言ってみれば「欲」ですよね。そういう意欲にあふれた高橋大輔を見られることが、やっぱり何かうれしいぞ。これだから盲目なファンは…といわれてしまいそうですが、また見守ろう!応援しよう!という気持ちが、勝手に盛り上がってきちゃったな。

もっといえば、難しいプログラムに挑戦しない高橋大輔は高橋大輔じゃない!ブルースを滑らない高橋大輔は高橋大輔じゃない!(そりゃ違うか)。さわやかな(清涼感のある)色気みたいなものも感じられるし、それもいいと思うよ!
そんな高橋大輔を細大漏らさず見守るべし!次の試合はNHK杯、次も応援するしかないでしょ!前向け、前!それこそ高橋大輔は、きっと前しか向いていないぞ!
スポンサーサイト
[ 2011/10/31 22:45 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)

BS朝日版GPシリーズ中継に思う

ただいまスケートカナダ男女SPがBS朝日にて放送中。たっぷり時間をとって放送してくれるのは嬉しいですし、本当にありがたい。でも、BSはテロップなしのスッキリ画面が魅力だったのに、なぜ今季は地上波のクソ(失礼)センスの悪いドデカテロップの縮小版をつけちゃうの??細かいけど、画面右のテロップも濃くなってるし。

いや、ホント細かいと思いますよ、こういうの。しかし昨シーズンまでいらなかったものが、今季から必要だとはどうしても思えないのだけど。BS新時代における放送の充実と関係あるのかないのかはわかりませんが、こういうヘンなところを充実させないでほしいなと。

GP5戦をフルで見られる環境は、本当にありがたい。でも地上波はもちろんCSの編成にもう少し配慮してくれれば、また(BSの)スケートアメリカの男子SPでカットした選手をその後の放送でカバーする(現に時間的に余裕のある編成だった)等の芸当ができれば(これはやや高度か)、朝日グループの株はもっと上がるのに、そのへんがもったいない。

「いまでも十分サービスしてるよ」「これ以上どうするってんだよ」「やったらやったでまた何か言い出すだろ?」…中の人がこんなに柄の悪い人だとは思いませんが、いや、まあおっしゃるとおりかもしれないけど、せっかく作ったテロップ(結構お金がかかるとか)は使いたいものなのかもしれないし、編成等は放送局の裁量といえばそれまでなのだけど、しかしもうちょいなんとかならんものか。

その「もうちょい」が惜しい、でもそこが顧客の心をグッとつかむ「つかみ所」なんすよ!と、怪しいコンサルタントのごとく攻めてみましたが、どうでしょう?「そんな客いらねー」というオチですか?そうですか。

【追記】
地上波の男子フリーを見ましたが … 実況アナうるせー。
CSのペアやダンスでもこんなだったっけかな…。久々にうるせー!と心底思いましたよ。
[ 2011/10/30 15:01 ] メディア関連 | TB(0) | CM(6)

【スケートカナダ】 男子フリー その他のスコア

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは2日目の競技が終了しました。以下、男子フリーのその他のスコアです。(上位5選手のみ)

基礎点
82.53 ハビエル・フェルナンデス
77.30 パトリック・チャン
74.42 アダム・リッポン
70.05 ロス・マイナー
68.59 高橋大輔

<参考>
【スケートアメリカ】
72.08 ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン
70.49 小塚崇彦
65.61 リチャード・ドーンブッシュ
65.36 デニス・テン
60.12 ミハル・ブレジナ

加点
10.83 パトリック・チャン
+7.78 アダム・リッポン
+7.76 ハビエル・フェルナンデス
+7.05 ロス・マイナー
+6.73 高橋大輔

<参考>
【スケートアメリカ】
+6.81 ミハル・ブレジナ
+6.28 小塚崇彦
+4.83 ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン
+4.23 デニス・テン
+4.00 リチャード・ドーンブッシュ

減点
-1.43 ロス・マイナー
-3.31 パトリック・チャン
-4.81 ハビエル・フェルナンデス
-5.95 高橋大輔
-7.24 アダム・リッポン
[ 2011/10/30 13:16 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。