フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【全米選手権】 アレクサンダー・ジョンソン選手のフリー演技

やっぱいいなー、アレックスの演技は。あれだけ表現豊かに美しい流れのある演技ができるスケーターは、そうはいないと思います。こういう選手が国際大会で見られないのは、世界のスケートファンにとって、ホント大きな損失ではないかと。逆にいえば、「アメリカすげぇな」ってことなのですが。

それとやはり、トム・ディクソンが手がけるプログラムとの相性がいいんですよね、彼は。今回はそのディクソンさんが付いてるのかーと思っていたら、プライマリーコーチもディクソンさんになったのか。またディクソン夫人(カタリナ・リンドグレンさん)やクリスティ・クラールさんにも見てもらっているそうですよ。その変化がよい方向に結びついたのかもしれないし、彼はいまノービスでペアにも取り組んでいるんですよね。いつかその演技も見られるといいなあ。シングルもしっかり続けてほしいけど。(ノービスペアは6位でした)

その彼の演技(フリーは8位!)に、全米のジャッジは7点台を出しているんですね。オール8点台も1人。そのあとの選手もそれに続くわけですが、僕は素直にそこがいいな、すごいなと思いますし、それだけレベルが高いということなんですよ、基本的には。国内選手権だから…ということでは決してない、と僕は思います。かといって、国内選手権ゆえ…という側面も否定せず。どないやねん。でも両立するんです、そこは。それはそれぞれの選手の演技をご覧になった多くの方に共通する思いではないかと思うのですが…という僕の勝手な思いですけど。
とにかく、アレックスの演技はすごくいい!それが言いたかったんです。それはもう本当に。SPは4番滑走、フリーは6番滑走、見逃した方はいま一度ぜひ。ぜひぜひ。

当ブログ関連記事 最近ハマっている演技
スポンサーサイト
[ 2012/01/31 22:34 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)

「4回転×2」!!

国体フィギュアスケートの成年男子は、小塚崇彦選手が優勝!以下、関連記事を。

▽スポニチ(共同)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/01/30/kiji/K20120130002538250.html

「フリーで4回転を2度入れられたのは大きな進歩。持ち球が増えた」
「300点台を出す化け物もいる。それを恐れることなくやりたい」

▽サンスポ(共同)
http://www.sanspo.com/sports/news/120130/spm1201302003013-n1.htm

「控室では世界選手権だと思って緊張感をつくった」

うーむ、タカヒコ節炸裂?(笑)。それはさておき、今度の大会は、本当にいい経験になったようで。どちらも回転不足の判定だったとのことですが、競技会でそれを試みることに、なにより得がたい価値がありますよね。
そこでしか得られないものを、「世界選手権だと思って」臨み、その果実を手に、3月のニースを目指す。なんとも心強く、頼もしく感じられた、小塚崇彦選手のニュースでした。
無良崇人選手も非常にいい内容だったみたいで、四大陸の演技が非常に楽しみです。

▽時事
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012013000937

「4回転を2度成功させて自信になった。世界のトップ選手に食らい付いていきたい」
[ 2012/01/30 23:01 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)

「惨め」な後日談

先日取り上げた記事の件です。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120130/ent12013007370002-n1.htm

締めが「ともあれ、次の中継を待ちたい」かー。…。これ何すか?

苦しい、みっともない、恥の上塗り…それはもうありとあらゆるネガティブな言葉が頭に浮かぶのですが、いちばんは「意味わからん」。これなら出さない方がマシというか、出した時点で「負け」なんじゃないの?それでも出さざるを得なかったのか何なのかはわかりませんが、いやわかりたくもないですが、でも中身はその負けを認めようとしていないから、実に苦しい、みっともない…と。要は「向いていない」のだと思います。ああいうテイストの記事を書くことが。どんなテイストだよ。

今後は「産経新聞文化部編集委員」として、その素敵な感性を、何か他の分野に向けられた方がよいのでは?ああ、この書き方、性格の悪さがにじみ出ていて、われながらイヤになりますが、でもこの件については後悔しねー。
本当に、実に「惨め」な後日談でした。なんだよ、このオチ。頼むよ、「産経新聞文化部編集委員」。
[ 2012/01/30 22:38 ] メディア関連 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。