フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

今シーズンからの新たなアプローチ

さて、今シーズンも一応「得点一覧」ということで、あまり代わり映えはしませんが、各大会各選手のスコアをざっくりと追いかけていこうと思っています。ほんま、ざっくりやけど。ジャンプについては、SPの後半ボーナスがひとつのトピックかと思われるので、とりあえずくっつけてみました。フリーにもとりあえずくっつけてみました。予定される構成で見ないとあんま意味ないかなーとも思うんすけどね。でも、実際どの程度かというのはわかるかなーと。別に損にはならないかなーと。

えー、ぶっちゃけどうすか?このブログ。最近かなり男子に偏っている点は否めませんし、なんか同じ感想の繰り返しっぽい感じもするし、どうなんすかね。まあウソはついていないですし、基本自分が楽しければそれでいいわけですが、でもどうせやるなら何かしら見てくださる方に得るものがないと…とか思うのだけど、それが難しいし、なにより自意識過剰だと。てめー何様だと。単なる自己顕示欲の表れをいいように変換するなと。ああ、なんだこの残念な感じ…。

そんなこんなで、いろいろサボったり見にくかったりやることに一貫性がなかったりしますけど、今季も勝手にやりたいようにやっていますので、それでもお付き合いくださる方がおられれば、いや、ぜひお付き合いしていただきたいこと山の如しなのですが、なにとぞひとつよろしくお願い申し上げます。…というごあいさつでした。遅ればせながらですが。
でも、毎週試合があるってやっぱ楽しいや!
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 21:16 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(4)

【スケートカナダ】 パトリック・チャン選手のSPの演技

以前の記事(こちら)で、エキシビションの『エレジー』を「名作」と表現しましたが、競技版になってもなお、そう表現したくなる美しい世界を再構築してくれたジェフパトリックに心から感謝。どこかにいる?フィギュアスケートの神様にもついでに感謝。

本当に音楽を見事に表現しているというか体現しているというか、そのスケーティングで心に訴えかけてくるという感じがしますね。あと、演技の空間がこれまでのパトリックとは違うような気がする。なんかこう、天井までどんどん拡散していく感じがするといいますか、すごく広がりを感じます。

ジャンプは少し残念な出来でしたが、まあシーズン前半のチャン選手の通常運転といえばそうなんだよな。環境の変化もありましたから、心配しないといえばウソになりますが、あまり気にしなくてもいいのかな…という自分もいます。
スピンについては、足換えのキャメルはレベル3の構成かと思いきや、「4」の判定。足換え前は、あれバリエーションなのかな?フライングシットに関しては、これは多くの選手に共通すると思うのですが、あのかたちのビハインドで終わると、印象としては少し弱いように感じるんですね。ですから、いわゆる「ファイナル・ワインドアップ」といわれるアップライトの回転数を、もう少し増やしてほしいかもしれない。

コンビネーションスピンも構成は「4」ですから、今季のチャン選手は久しぶりに「オールレベル4」を目指すことになるのだろうか。そのあたりの戦略にも、あらためて注目していきたいと思います。

ラフマニノフ:自作自演集ラフマニノフ:自作自演集
(1995/11/25)
ラフマニノフ(セルゲイ)

商品詳細を見る
[ 2012/10/28 10:33 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)

【スケートカナダ】 ハビエル・フェルナンデス選手のSPの演技

冒頭の4回転は、もう軽々ととしかいいようがないですね。すばらしいです。しかし「0」を付けたジャッジが3人いるのは、SPの要素としてはどうなのか?という点を重んじたため…なのか。スピンは彼のズバリ弱点だと思います。もう少し強化してくれるといいな。

プログラムそのものは、フェルナンデス選手に合った選曲だとは思うのですが、現時点で強いインパクトを与えるところまでは到達していないのかなと。演技終了後はちょっとお疲れのご様子でしたが、フリーは大丈夫かな?後半になると…というイメージから脱してくれるとよいのですが。

→ というわけで、GP初タイトルおめでとうございます!最初はどうなることかと思いましたが、よく踏ん張ってくれました。注目の演技後半はといえば…もっかい見直したいな。でも、全体としてはいい演技だったと思います。
[ 2012/10/28 10:11 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)