フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

パトリック・チャン選手の新フリー

カナダのソーンヒルで行われた"Summer Skate 2013"における、パトリック・チャン選手のフリー演技です。いつものとおり、動画撮影者に感謝しつつ。



パトリックのプランとはそういうことだったのか!というのが始めの感想。そこには「もっかいやるのはどうなんやろ?」的な懸念も正直あったわけですが、あれから随分時が経ちますし、曲の編集も違えば振付師さんも異なりますから、そういう意味ではまったく気にならなかったなあ。

あいかわらずおっそろしいバランスで氷の上に乗っていらっしゃる現王者ですが、その中できれいな4回転3回転も入りましたねー。その後はまあまあまあ…といったところでしたが、何せ"Summer Skate"ですから。
プログラムそのものは、見ごたえ十分。冒頭から美しい身のこなしで、音楽に身を預けている、といった感じがしますし、曲の転換があってからのステップも、見事についていっているなと。「ついていっている」がはたしてよい表現なのかどうなのか?とも思いますが、いや、やっぱついていくの難しいですよ、あそこは。素直にすごいと思います。

そこからスピンを終えて、ジャンプが続く中盤へと入るわけですが、その構成も「さすが」ですよね。縦横無尽にいろんな入り方でジャンプ跳んでるなー。見ていて飽きないことは飽きないのだけど、しかしこのあたりから全体的な振り付けの変化にやや乏しいところがあるのかな…という感想も抱くように。あと、ちょっと下半身に上半身が振り回されているとでもいいますか、文字どおりブンブン腕を振り回しているみたいに見えちゃう箇所もあるかなと。

コリオシークエンスももっと引きつけるものがほしい…とかいろいろ書いちゃいましたが、まだ8月ですから。まだまだこれからのプログラム、だよな。音楽的には間違いがない曲だと思いますし、その中でパトリックの魅力も存分に見せることができるとも思う。いまの時点でも「いいプログラム」といえると僕は感じました。
これを「いちばん大切な場所」でミスなく滑りきることができれば…それはとてもとても、僕のような素人が思うよりもっともっと難しいことなのだろうけど、ぜひそれが見たい!またそれが叶えば、彼がほしいものは手に入るだろうと。

今季も男子のリーダーはパトリック・チャン。しかしその競争は激化していますから、シーズンを通じてきちんと結果を積み上げていくことが、彼にとってもより大切になってくると思います。王者はオレだ!というアピールを、ジャッジに示し続けないと。期待しています!
スポンサーサイト
[ 2013/08/24 21:12 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)

ジュニア時代のジェレミーの演技を堪能する

ありがとう!USFSA!!としかいいようがない動画を(遅ればせながら)発見したので、まだご覧になっていない方はぜひ。もうご覧になったという方もぜひぜひ。



ジュニアといっても、もう十分おっきくていらっしゃるわけですが(笑)、ただその中でもどこか少年の面影が垣間見えるような2005年当時のジェレミー・アボット選手です。

いいなー。いまのジェレミーがこの音楽を選んだらびっくりするかもしれないけれど、これはこれでいいなー。そして、素人目にも滑りがきれいだ(ですよね?)。スピードに乗るのも早いと思うし、あとは音楽に対する感性がやはり優れているなと。僕が言うとホント説得力がないのですが(スミマセン…)、リズム感もいいですし、やっぱ彼は持っていますよね、体の中にそういう諸々をしっかり吸収して、反応して、解き放つための装置のようなものを。もっとよい言い方がないものかとわれながら思いますが、なんつーか、それを「センス」といえばいいのかどうなのかようわからんけど。

スケーティングの美しさ、リンクにスクッと立つさまがなんとも人目を引き、かつ気持ちよく感じられる佇まい、お辞儀の仕方…等々、ジェレミーはこのころからジェレミーだったんだなー。
ここから世界に羽ばたくまでにはまだ少し時間を要し、そののちもいろんなことが、もうそれこそいろんなことがあったわけですが、こうしてジュニア時代の彼に思いがけず遭遇し、「おおーっ!!」と感激できるような、そんなスケーターに出会えたことは、本当に僕の人生における貴重な財産です。

…とまたいらんことを語ってしまったぜ。でもこういう過去の演技を見ると、どうしてもそういうスイッチが…。どうかご容赦を。
[ 2013/08/22 22:25 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)

海外ドラマを見て、ジェレミーを想う

僕は海外ドラマが大好きで、ジャンルを問わずというか見境なく見まくっている人間なのですが、その中でいまお気に入りの一つが(無料で見れちゃう)「ディーライフ」でシーズン1が放送中の『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』という作品。
田舎町が舞台で、雰囲気もいいし肩ひじ張らずに見られるし主人公の女優さんめっちゃかわいいし(声も超かわいい)で、ぜひ皆さんにおすすめしたいドラマなのですが、これに登場する俳優さんにですね、ジェレミー・アボット選手にそっくりな人がいるんですよ!
以下、その方のインタビュー動画なんですけど…



こうして一方向から見ると「…そんなに?」かもしれませんが、ドラマで見ると超ジェレミー(?)なときがあるんだよなー。口元が特に似ていると思うのですが。申し遅れましたが、トム役のRoss Philipsさんです。私もそう思ってた!という方、いないかなあ…。



ジェレミー不足な季節(THE ICEの動画は見たけど)、ニースのときの練習動画でも。ああ、練習でもやっぱ美しいや。日の光が差し込むリンクで見るこのプログラムも、なかなか趣きがあるというもの。ジェレミーにはいろんなところで滑ってほしい、つーか滑らせたい!と思わず。彼にとっても、ファンにとっても、特別なシーズンが始まりますね。
[ 2013/08/18 22:13 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)