フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

浅田真央選手のオリンピック

そのSPの衝撃は、なんと表現すればよいものだっただろうか。フリーが終わったあとに、彼女は「昨日の演技はとても残念で、すごく悔しくて、取り返しのつかないことをしてしまったなという思いはあるが、今回のフリーは、しっかり自分が4年間やってきたことを、そしてたくさんの方に支えてもらったので、その恩返しもできたのではないかなと思う」(※)と語っていますが、すべてが終わって、またしばらく時を置いてなお、その中の「取り返しのつかないことをしてしまった」という言葉の重み、それが浅田真央選手の口から発せられたことの重みを思うとき、いいようのない感情が込み上げてくる。

僕はバンクーバー五輪で、ジェレミー・アボット選手のSPを見たあとに、「オリンピック(の大切な部分が)終わった…」(ような思いになった)と書いたことがあるのですが、今度も勝手にそのような物思いにとらわれていました。が、これは浅田選手のオリンピックで、彼女の大切な2度目のオリンピックで、それはそのとき何も終わってはいなかった…などというのは、いまさらいうまでもないことですね。

そのフリーは、すばらしかったです。見終わったときのあの衝動は、いまでも体が覚えているような気がするし、いま録画で振り返っても、すべてではないにせよ、まだその一部が蘇ってくるような、そんな演技ではないかと思います。僕はフィギュアスケートが大好きで、よく見ている部類に入る方ではないかと自分ながらに思うわけですが、そうそうお目にかかれる瞬間ではないですよね、ああいうものは。本当に。そして僕の中では間違いなく、このオリンピックで最高のフリー演技でした。

冒頭のトリプルアクセルと次の3回転3回転は、彼女のベストのものではなかったかもしれないけれど、これまで浅田選手がこの競技において切り開いてきた境地を示すには、十分といってよい出来だったと思います。その評価は評価として、心湧き立つような、それがフィギュアスケートで見たいジャンプでしょ!ほしいそれでしょ!という。3つ目のルッツも、マークこそ付きましたがとてもいいジャンプで、GOEにもそれはある程度見てとれるのではないでしょうか。

その後のスピン2つは、回転速度やコントロールの面で、浅田選手にしては精彩を欠くものだったか。しかしそこから曲が転じての柔らかさ、やさしさを感じさせる部分はさすが。2A+3Tも見た目には限りなくクリーンで、各ジャッジもそれぞれの目でしっかり評価してくれたのでは。
サルコウもクリア、3連続もクリア、それらジャンプとともに、音楽とともにハイになっていく高揚感は、まさにこのスポーツでしか味わえないもの。そう、この演技は、そんな「これぞフィギュアスケート!」という瞬間にあふれている。そして最後のループ!それを降りたときの彼女の思いは、全身から伝わってきましたよね?

最後のステップで納得いかないのはカメラワークだけ。コリオシークエンスも、曲の大きさをよく表現できていたと思います。そうして迎えたフィニッシュは、そのときの浅田選手の表情は…それこそもう言葉はいらないや。
なぜなのか。なぜ彼女はこういう演技ができるのか。BSの番組で、あるやりとりから安藤美姫さんが「そういう選手だから」とおっしゃっていたのですが、ホントそうとしかいいようがないんだよな。それが浅田真央だから。これが浅田真央だから。おそらく多くの方がルートは異なれど一様にたどり着くのではないか…というこの言葉、その事実(といってしまいますが)とそれが持つ意味は、これまたなんとも形容しがたい重みがあると思うな。

いまだにというかいまさらというか、オリンピックの感想でなにやら申し訳ない(?)気もするのですが、この珠玉の4分間に触れずに世界選手権は迎えられないと思ったもので。そのためにあらためて見返し、また泣きそうになっている自分って一体…とも思うのですが、それほどの、月並みな表現だけど、とても感動的な演技でした。その前後も含めて、浅田真央選手というスケーターのすばらしさ、その人間性のすばらしさに触れられたことは、僕にとってオリンピックの価値というものを、再度認識させてくれる機会になったと思っています。 ※www.asahi.com/articles/ASG2P0PL7G2NUTQP02X.html
スポンサーサイト
[ 2014/03/21 18:22 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(4)

ふたたび、「ごちそうさん」について

いやー、先週の『ごちそうさん』も見入っちゃったなー。深くて、そしてつらかった。和枝の言葉の一つ一つが、胸に突き刺さったというか。一転、ファンミーティングはめっちゃ楽しかったし、もう浸りまくっております、『ごちそうさん』の世界に。

つーか、知ってました? 希子役の高畑充希さんって、歌手の「みつき」さんやって!僕知らなんだ!これまためっちゃ大好きなドラマやった『セクシーボイスアンドロボ』の主題歌(『ひとつだけ』)歌ってた人やん!道理で!(何が?) いやー、びっくりしました。いまごろびっくりしてるの、僕だけでしょうか。



セクシーボイスアンドロボBOX [DVD]セクシーボイスアンドロボBOX [DVD]
(2007/09/20)
松山ケンイチ、大後寿々花 他

商品詳細を見る


木皿泉作品は、『すいか』も『Q10』も大好きです。

ユリア・リプニツカヤ選手のオリンピック

個人戦の彼女に、何が起こったのか? もちろん、さすがのリプニツカヤ選手も、常にミスなく滑ることができる…というわけではないし、フリーで転倒したサルコウについては、たしかに他のジャンプより確率的には悪いものがあるかなぐらいには思うのですが、うーん、何が起こったのだろう。
そうして思い至るのは、やはり「団体戦」の存在で、そこでの活躍がさらなる(いろいろな)過熱を生み、それが彼女を追いこんだ…というストーリーは、そうかもしれないしそうじゃないかもしれないし、でも難しかったのは間違いないと思います、リプニツカヤ選手にとってこの大会は。その中で、よく踏ん張ったと言いたい。

まだ若いのだから、次も、その次もチャンスはある…というのは、そう思う反面、勝負の世界でんなこと簡単にいえるか!とも思うし、特にこの競技は、女子には特に乗り越えなければならない壁も、誰もがというわけではないのだけれど、あるのはたしかなので、なかなか軽々にはいえないところが大きいのですが、それでも彼女はまだこれからの選手だと思う!うん。
だから、月並みですががんばってほしいです。さいたまも、それこそチャンスはあると思うので。ポゴリラヤ選手と、ロシアにぜひ3枠を!とも思ってしまうのですが、それは結果としてついてくればいいなという話か。でもほしい!とは心から。
[ 2014/03/09 22:02 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)