フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 男子フリー 技術点と演技構成点

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは2日目の競技が終了しました。以下、男子フリーの技術点(TES)と演技構成点(PCS)です。(上位5選手のみ)

技術点
85.48 ハビエル・フェルナンデス
84.82 パトリック・チャン
75.67 ロス・マイナー
74.96 アダム・リッポン
69.37 高橋大輔

<参考>
【スケートアメリカ】
74.61 ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン
68.54 小塚崇彦
66.44 リチャード・ドーンブッシュ
64.50 ミハル・ブレジナ
64.38 デニス・テン

演技構成点
87.64 (9.04 8.68 8.50 8.89 8.71) パトリック・チャン
83.84 (8.46 8.18 8.32 8.50 8.46) 高橋大輔
81.14 (8.14 7.75 8.18 8.21 8.29) ハビエル・フェルナンデス
71.12 (7.39 6.43 7.21 7.07 7.46) アダム・リッポン
65.86 (6.82 6.39 6.75 6.43 6.54) ロス・マイナー

<参考>
【スケートアメリカ】
74.86 (7.82 7.29 7.21 7.57 7.54) 小塚崇彦
73.42 (7.46 7.21 7.18 7.54 7.32) ミハル・ブレジナ
68.80 (6.86 6.68 6.86 7.00 7.00) リチャード・ドーンブッシュ
67.78 (6.89 6.39 6.89 6.86 6.86) ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン
67.22 (6.93 6.50 6.79 6.64 6.75) デニス・テン
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/30 13:13 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(2)
演技構成点・・・
毎週膨大な統計作業御苦労様です。
要点が分かり易くまとまられていて、いつも楽しくそして有り難く拝見しております。

さて、全ての選手をくまなくチェックしているわけではないので偉そうな事いうつもりはないのですが、フェルナンデス選手のフリーのPCSは???です。SSがSPと比べても7点台後半→8点台、高橋選手と2点そこそこしか違わない!2種類のクワドを決めたのはお見事でしたし、技術点が高いのは頷けますが、プログラム全体に滑りはグダグダしてたと思いませんか?クワド飛び終えて既にバテてた様な感じがします。前回の世選のフリーで、SSが6点台だったのに、そんなに成長してるかな??スケアメの小塚選手のが7点台…。オーサーの力??なんかもやもやしています。
[ 2011/10/31 22:02 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
dancing-gizmoさん、こんばんは。

> SSがSPと比べても7点台後半→8点台、高橋選手と2点そこそこしか違わない!2種類のクワドを決めたのはお見事でしたし、技術点が高いのは頷けますが、プログラム全体に滑りはグダグダしてたと思いませんか?クワド飛び終えて既にバテてた様な感じがします。前回の世選のフリーで、SSが6点台だったのに、そんなに成長してるかな??スケアメの小塚選手のが7点台…。オーサーの力??なんかもやもやしています。

たしかに、今大会のフェルナンデス選手のPCSに驚かなかったといえば、それはウソになるかなと。ただ、元々フリーはSPより得点が上がりやすいものですし、彼はこれまでも(一応トップ選手の一つの証しといえる)7点台の評価は、結構もらっているんですよね。基礎の部分には定評があると思いますし、インタープリテーションの評価などは、元来高いと思います。

コーチの力…うーん、それもあるかな?と思わせるぐらいに、この競技ではその存在がクローズアップされることはたしかだと思うのですが、ただ基本的にそれは演技から感じ取るものであって、それがないと、もしコーチの威光が通用することがあったとしても、きわめて限定的な効果しか得られないのではないでしょうか。
その点については、僕はものすごく変化を感じたので、記事中に「再デビュー」といういささかわかりにくい表現を用いたわけですが、衝撃というと大げさかもしれないけれど、それに近いインパクトがあったのは間違いないと思います。

その上で、たしかにフリーの得点は高かったかなと。SPで低い評価だったジャッジはどこ行ったんだ?という(笑)。ちょっと疲れちゃったかな?という部分もありましたよね。
SPでは5番滑走で高い評価を引き出しているので、決して他力でということはないとは思うのですが、多少試合の流れは影響したかもしれません。ただ、プログラムそのものは非常によくできていると思います。素人目にも各項目のバランスはそのとおりのような。"CH"とか、特に出やすいんじゃないかな?その構成をこなすだけの力もあると思いますし。

しかしそうはいっても、「PCSは水物」という認識はあらためて。偏見といわれるかもしれないけれど。まだこのシステムは過渡期にあるということ、それからなるべく「比べない」ということ。その2点を頭に入れて、少し引いた目で見守るのが、精神衛生上は肝要なのかもしれません。「達観」というと聞こえはよいですが、「諦め」に近いものはありますかね。こんな回答で申し訳ないです。長々とごめんなさい。

タロウ
[ 2011/11/01 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL