フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【中国杯】 織田信成選手のフリー演技

中国杯、男子フリーの感想を。

織田信成 (日本)
まだ本調子ではないかな…というところが窺える演技でしたが、曲がりなりにもまとめてきたのはさすがというべきか。しかしこのプログラム、というかこの音楽のアレンジ、相当難しいと思います。正直かなりわかりにくい。でもそのわかりにくさをわかるように、せいいっぱい伝えようとする意思は伝わってくる。あとは織田選手次第ですよね。
現時点では、「そこどうしてそういう振り付けなんだろう?」と先に頭で考えてしまうような箇所も少なからずあるので、そのへんも含めて、今後の進化を見守りたいと思います。

あとは、SPに続きスピンの取りこぼしが非常に惜しい。これまでもちょこちょこ書いてきたのですが、織田選手はやや姿勢変更が拙速なときがあるのと、全体的にギリギリの回転数で回ることが多いと思うんですね。(SPは特に顕著に表れるのですが)ちょっと点数が伸びなかったかな…というときは、エッジエラーかこの取りこぼし(またはその両方)が背景に…ということが間間あるような。(レベルの特徴となる)8回転などは、これから調子が上がってくれば問題ないかなとも思うのですが、もう少し構成的にも意識の面でも用心深さがあれば…そんな風に思います。僅差の場合は、その半回転が勝負を分ける、ということもあるわけですから。ちまちました話なんですけどね。それがルールとはいえ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/06 00:28 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL