フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【GP前半戦】 各選手の演技の感想

GP前半戦、これまで書けなかった各選手の演技の感想を。

デニス・テン (カザフスタン)
今季のプログラムは、どちらもテンくんらしさが出せるといいますか、やっぱ踊れる選手はいいなと。スケートカナダSPの解説で、田村さんが「彼は小柄だけど、自分を大きく見せることを知っている」とおっしゃっていましたが、本当にそのとおり。ふとした動きなどもますます美しくなったような気がしますし、SPのサーペンタインステップとかええなー。ドラマチックな滑りに、ますます期待したいです。

ロス・マイナー (アメリカ)
今シーズンのフリーは『アンタッチャブル』。彼はすべてにおいて端正というんですかね、そんなところが好感度高し!なわけですが、滑っているだけである程度もたせられるというか、見ていて飽きないですよね。リンクの使い方もいいような気がするし、コリオステップも情熱的でよかったし。
SPで出遅れ、フリーは2番滑走だったとはいえ、もう少し評価が高くてもよいのでは?と思うのですが、これでも出た方なのだろうか。うーん、でもやっぱ低いと思う!どうなんだろ。

アダム・リッポン (アメリカ)
フリーは正直まだなんともかんとも…というところなのですが、両手上げルッツからコンビネーションスピンの流れは、俄然盛り上がるな。久々に?復活させたレイバックポジションもきれいだし。現時点では、そういうよいところがまだ点の状態のように感じられるので、今後それが上手くつながっていくといいなと思います。

鈴木明子 (日本)
SPは中盤のつなぎの部分がいいですよね。軽やかで溌剌としていて。ああいうのを見ると、見たいぞ!鈴木選手のコリオステップ!…とか思うのですが。以下、鈴木選手の5コンポーネンツのスコア。

▽SP
7.00 7.25 7.25 6.75 6.50 6.50 7.75 7.00 6.75 6.93
6.75 6.75 7.00 6.25 6.00 6.00 6.00 6.50 6.50 6.39
6.75 7.25 7.50 6.50 6.50 6.25 6.75 6.25 6.75 6.68
6.50 7.00 7.25 7.00 6.50 6.25 6.50 6.50 7.25 6.75
7.00 7.25 7.50 6.50 6.25 6.50 5.25 6.25 6.50 6.61

▽FS
8.00 7.75 7.50 6.75 6.75 7.25 8.00 7.25 6.75 7.32
7.00 6.00 4.50 6.25 6.50 6.50 7.25 7.00 6.25 6.50
7.50 7.25 7.25 6.50 7.00 7.25 7.00 7.50 6.75 7.14
7.25 6.75 5.50 6.25 6.75 7.00 7.75 7.50 7.00 6.93
7.00 5.25 6.50 6.75 6.25 7.25 7.75 7.75 6.50 6.86

うーむ、ちらほら(特に)気になるな…。わかりやすいといえばわかりやすいのですが、自分が求めていないところでこういうのを出されると、途端に「何だ!」と思っちゃう。勝手なものです。

ナン・ソン (中国)
中国杯のフリー、すばらしかったですよね。ジャンプはいうまでもありませんが、全体的な体の使い方もすごくよかったなと。キリッとした動きだけではなく、やわらかい表現も上手いと思いましたし、硬軟織り交ぜ、あるときはキビキビと、またあるときは軽やかに舞い、とにかく体を大きく使っていて、そのあたりもすばらしいなと思いました。ジャンプ以外もちゃんと見てますよアピール、ウザイですか?
でもそういうところがあるからこそ、SP(継続)のベタな選曲も許せるんですよ。ちゃんと曲を生かしているな、と。3位入賞、本当にお見事でした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/10 22:41 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL