フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【NHK杯】 男子SPの感想 (第1グループ)

NHK杯、男子SPの感想をそれぞれ短く。

アーミン・マーバヌーザデー (アメリカ)
アクセルの着氷が乱れましたが(回転不足判定とのこと)、その他はいい内容。彼らしい演技の流れのよさが感じられたかなと。PCSはもう少し高くてもよいと思うのだけど…。

コンスタンチン・メンショフ (ロシア)
さすがというジャンプの能力を見せてくれましたね。ルッツは危ないかなと思ったのですが。それでも降りてこられるのがすごい。スピンは1つレベル3構成だと思うので、レベルは取りきったんじゃないかな?もう少し実施にスムーズさがあれば。

ロス・マイナー (アメリカ)
少し危ない場面はありましたが、よく乗り切りましたねー。スケートもよく滑っていたと思いますし。継続のプログラムですけど、彼ももう少し評価が高くてもよいと思うのですが…。

町田樹 (日本)
すばらしい演技になると思ったんだけどな…。思わぬところに落とし穴が。でもすばらしい演技だったと僕は言いたい!
プログラムはシーズン途中で戻したそうですが、やっぱいいな!『黒い瞳』は。本当に名作だと思います。CCSpとCCoSpで2つ8回転のキャメルを入れているのですが、それがややギリギリだったか。判定はどうなる?(大丈夫でした!)
いい点出てるなー。だからこそ余計に…。いや、もうこれ以上はいいっこなし!フリーにも期待したいですね。ああ、ランビエールプロが楽しみすぎだ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/12 17:50 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL