フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

自らの不明を深く恥じる

うん、いろいろ思い当たる節はあるけどさ、とりあえず何について?…それはジェレミー・アボット選手のSPについてです。アボット選手が夏のアイスショーでこのプログラムをお披露目したとき、僕はこちらの記事でいつもどおりまわりくどい逃げの言葉を散りばめながら、要は「ダメ出し」に近い(これも逃げだな)ことを書いたんですね、以下のような。

「もう少し滑りの中でいろいろ見せてくれるとうれしい」
「イメージとして同じような振りがちらほらと出てくるように感じられなくもない」
「やっぱフライングアップライトすか」
「現時点では概ね昨シーズンの実施および評価に留まりそうな気配が濃厚」

…ハァ。まあ(この期に及んで)言い訳をさせてもらうとすれば、スピンは当時(少なくともこの演技から)より格段に実施がよくなっていると思います。その間にかなり練習したんじゃないかなと。でもこれも憶測に過ぎず、やはりこの時期の、しかもアイスショーにおける演技に対して、そこまでいうべきじゃなかったなと。

上の2つについても、中国の演技からはそれほど感じられなかったというか、ほとんど気になりませんでした。まだ「それほど」とか「ほとんど」とか言ってんじゃん!といわれそうですが、まあそこはそうなんです。でもなぜあのときそう感じたか?ということを考えると、やはり競技用のプログラムとはいえ、それをアイスショーのリンクで滑っている、そのことにもっと配慮しなければならなかったし、そこに起因する部分も大きかったのではないかと。自分がそう感じたのは。

だから結局何を言いたいかといえば、ごめんジェレミー、オレこのプログラム好きかもしれない!…ということです。あんなこと言ったけどさーと。ちょっと見る目がなかったと。またちょっととか言っちゃった。

つーかフェイスブックやツイッターをご覧になっている方は、いまそれどころじゃねーよ!というところだと思うのですが、とにかくロシアの前にこれ言っとかないと…と思いまして。
と思ったら、とりあえずよかった!!ああホントほっとしました。いろいろあって大変だとは思うけど、ジェレミーがんばれ!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/23 23:33 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/11/25 01:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL