フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

碧野圭 「銀盤のトレース age15 転機」

銀盤のトレース age15 転機 (実業之日本社文庫)銀盤のトレース age15 転機 (実業之日本社文庫)
(2011/12/03)
碧野 圭

商品詳細を見る


銀盤のトレース』の続編が、このたび実業之日本社文庫から出版されるとのこと。

タイトル:『銀盤のトレース age15 転機
著者:碧野圭 Kei Aono
出版社:実業之日本社 実業之日本社文庫
ISBN:978-4-408-55057-2
発売日:2011年12月3日発売予定

内容:「中三の秋、竹中朱里は試合中のジャンプの失敗で足首を骨折。しかし数ヶ月のリハビリ期間に猛勉強し、フィギュア王国・名古屋でも屈指のスポーツ強豪進学校に合格した。学内のフィギュアスケート部でライバル達と切磋琢磨の日々を送るが、怪我で芽生えた恐怖心を拭うため、ある重大な決断をする――。競技と勉強の両立、家族やコーチ、仲間との関係などを活写した青春フィギュアスケート小説の傑作!アルベールビル五輪フィギュアスケート女子シングル銀メダリストの伊藤みどりさんも、解説で絶賛!」
(出版社紹介文より)

これについては、間違いなくガッツリ「フィギュアスケート小説」ですので、興味のある方はぜひ。続編なので、できれば前作(単行本)から読まれた方がよろしいかと。「伊藤みどりさんも、解説で絶賛!」ということは、伊藤さんがこの文庫の解説を務められたみたいですね。それも楽しみかも。読んだらまた感想を書きたいと思います。一応、前作の感想はこちら。参考になるかはわかりませんが、よろしければ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/02 23:27 ] メディア関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL