フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【GPファイナル】 女子SPの感想

グランプリファイナル、女子SPの感想を。

レオノワ選手はフリップが少し危なげだった以外は、まずまずの出来。やっぱりステップは長い!もうちょい進もう!とは思うのですが、その音楽表現はさすがというべきか。ジャッジからの評価も高いものがありますし。
シズニー選手は少し足を痛めているとのことですが、明日のフリーは大丈夫かな?今日はループの転倒が残念でしたが、その他の演技はさすが、というかあいかわらず美しい。つなぎでやや厳しい評価をするジャッジが。たしかに少し薄いかな…とは思うものの、女子選手の中でそれが際立って目立つ、とまでは見えないので、そこはまあ審判それぞれといったところかもしれません。

鈴木明子選手は3F+3Tに挑戦してきましたね!いずれは…という話はしていましたが、まさかこの時点でそれが見られるとは。成功こそなりませんでしたが、かならず次につながるチャレンジだと思います。その精神がすばらしいと思いますし。進化し続けていますよね。全体の流れもすばらしく、見ごたえのある演技だったため、依然として(全体的に)渋い評価のジャッジがいるのは、大いに解せないところです。これ毎回言ってますが。

コストナー選手はすばらしかったですね!このプログラムは大のお気に入りなのですが、やっとパーフェクトな演技が見られたよ!本当に彼女にしかできない表現、オリジナルな世界を構築することに成功していると思いますし、これも評価されるべき大きな挑戦だと思うんですね。ですから、8点台が並ぶジャッジの評価は大いに納得するとともに、非常にうれしく思います。
トゥクタミシェワ選手は、今日はジャンプのミスが残念でした。たしかにシズニー選手、鈴木選手、コストナー選手という流れのあとにその演技を見ると、うーん…と感じてしまうことは否めず。ただ、彼女まだ14歳なんですよね、考えてみれば。だから、あまり演技が小さい小さい言いすぎるのも酷かなと。荒川さんはナイスフォロー。明日のフリーは1番滑走ですから、もう思いっきりやってほしいと願っています。がんばれ、リーザ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/10 22:20 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL