フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そもそも「PCS」とは何か?

そもそも「PCS」とは何か?それはですね…

そんなの僕に説明できるわけないっつーの!!

でも旧採点のいわゆる「セカンドマーク」(いまもそうだけど)とは、何がどう異なるのか?しかしこの設問自体、どうやら違う(…というかなんというか)みたいなんですね。『寝ても覚めてもフィギュアスケート』(イースト・プレス刊)という本で、ご存知もう一人の日本のエース(だと思う)、岡部由起子さんがPCSについて詳しく解説されているのですが、それによると、PCSは「スケート全体の技術+表現について採点してい」るとのこと。それはなんとなくわかりますよね。
技術といっても、それは「エレメンツの質」ではなく「全体の技術」。でもそれは、「旧採点のときから変わってい」ないのだそうです。旧採点においても、ジャッジに対しては「ここを見て採点しなさい」という評価項目があり、「その内容、考え方は現システムとさほど変わらない」のだとか。ただ「それが非常に細分化されたものにな」ったのだと。なるほど。

寝ても覚めてもフィギュアスケート寝ても覚めてもフィギュアスケート
(2011/03/10)
D&Nライターズクラブ

商品詳細を見る



各項目についても、岡部さんは詳しくかつわかりやすく解説してくださっているので、興味のある方はぜひご一読を。というか、それに委ねたいと思います。

よくわかるフィギュアスケートよくわかるフィギュアスケート
(2011/02/03)
ワールド・フィギュアスケート

商品詳細を見る


他にも、『よくわかるフィギュアスケート』(新書館刊)では天野真さんが、また『フィギュアスケート 美のテクニック』(新書館刊)においても、樋口豊先生監修の下、非常に詳しく解説されているので、そちらも大いに参考になるかと。
後者は「たしかな技術あってこその表現」みたいなところも、とてもよく「想像できる」一冊になっていますので、スケートファンは必見だと思います。出版社の回し者みたくなってますが、一素人にはこれぐらいしか方法がないので。

フィギュアスケート 美のテクニックフィギュアスケート 美のテクニック
(2011/04/29)
野口 美惠

商品詳細を見る


ちなみに、1点から10点までの評価の度合いといいますか、その段階は…

1 - very poor
2 - poor
3 - weak
4 - fair
5 - average
6 - above average
7 - good
8 - very good
9 - superior
10 - outstanding

…となっております(「Rule 522」より)。"outstanding"、いい響きだ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/17 21:10 ] PCS関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。