フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【全日本選手権】 羽生結弦選手のフリー演技

全日本選手権、男子フリーの感想を。

1 羽生結弦
(167.59 88.59 79.00 7.95 7.50 8.15 7.90 8.00 0.00)

コリオステップ前のスピンで大丈夫か?と一瞬よぎったものの、昨日はいける!(というかいってくれ!)と思ったのですが…。本人の悔しさたるや、そりゃ相当なものだろうことは、想像に難くなく。でもそこは次におあずけだよね、と見る側にすれば前向きに受け止められる、そんなトータルで感じられたすばらしさは、昨日も疑いようがない。いろんな意味で、「本物」だなと。その力も、見る者を否応なく惹きつけるその魅力も。

カリスマ詐欺」(by 有吉先生)が横行する昨今、あまり使いたくない言葉ではあるのですが、でも羽生選手にはありますよね、そんな力が。また日々の鍛錬、それが如実に垣間見える(難しい)プログラムだからこそ、そんな部分がより引き出される、際立って見えるのだろうなと思います。日々の鍛錬とか、もちろん何も見ちゃいないんですよ。でもわかりますよね、アイスショーから、シーズン序盤の競技会からその演技を見ていれば。いや、どこから見たって、それは伝わると思うな。そういういいプログラム、すばらしいプログラムですよね、あらためて。

その「完成形」は、当然世界選手権で。サルコウはこっちも身構えるかもしれないけど、たぶん思いっきり跳んでくれますよね。できればこのままの構成で…というのは身勝手かもしれませんが、そんな風に思います。本当に立派で頼もしい、フリー1位の演技でした。

当ブログ関連記事
羽生結弦選手の新フリー 【中国杯】 羽生結弦選手のフリー演技
【ロシア杯】 羽生結弦選手のフリー演技 【GPファイナル】 羽生結弦選手のフリー演技
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/25 19:34 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL