フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【全日本選手権】 浅田真央選手のフリー演技

各メディアが、自らが仕立てたストーリーにいまの彼女を当てはめようとする姿に閉口しつつ、でも同じことを自分もしているな…と恥ずかしく思いながら、全日本選手権の浅田真央選手を見ていました。

「練習に集中して気持ちを強く保って、スポーツ選手としてやるべきことをしっかりやれたと思う」(今朝の『朝日新聞』朝刊より)

「いつもどおり」が今回の浅田選手のキーワードだっただろうか。でも考えてみれば、周囲がどうであれ、彼女はいつも彼女らしくあったように思いますし、「スポーツ選手として、いますべきこと、できることに徹する」というその姿勢も、いつも変わらないんですよね。国民的スターの浅田真央は、いつも普通の浅田真央だった。ただ、それをいまの状況でも貫き通したように見えることは、やはり強いといいたくなるし、素晴らしい、尊い。

昨日の『愛の夢』も本当に美しかったと思いますし、ミスはあったものの、その美しい流れは最後まで途切れなかった。全日本選手権優勝にふさわしい演技だったと思います。
2年ぶり5度目のタイトル、本当におめでとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/26 08:32 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL