フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JGPファイナル】 男子フリーの感想

引き続きジュニアグランプリファイナル、男子フリーの感想を。

ジェイソン・ブラウン (アメリカ)
あいかわらずスパイラルを効果的に使っているなーと思って見ていましたが、それにしてもミスのないすばらしい演技。グランプリが終わり、ファイナルで勝つのは正直ヤン選手かファリス選手だと思っていたので、そういう意味では読み(というほどのもんじゃないけど)が外れたわけですが、2日間を通していちばんよい出来の選手が勝ったという意味では、順当といえるのかもしれません。

ただ、他の2人は2日間ともそれぞれミスがあったり、予定の構成どおりいかなかったりしたのに、最終的にはそれほど点差が開いたわけではなかった、そこがやはり構成的に受身に回らざるを得ないブラウン選手の現状を示しているかと。でもそこは本人がいちばんよくわかっていることだと思いますし、その中で自分ができることをやりきったのはまた別の話というか、すごくよかったしすばらしかったと言わなければなりませんよね。
次は全米選手権、またどんな演技を見せてくれるのか、楽しみにしたいと思います。

ジョシュア・ファリス (アメリカ)
思わぬ転倒やアクセルのミスが痛かったファリス選手。演技後自分の頭を撃ち抜いていましたが(笑)、その気持ちよくわかります。でもプログラム変えちゃったのかー。どうやら『トランスフォーマー』の評価が芳しくなかったらしく、そういうことになったらしいのですが、GPの2戦で構成も変え、それがどういう風に落ち着いていくのか見たかっただけに、少々残念な気も。その代わりに「ラフマニノフ」というのは、またベタなというか、困ったときのラフマニノフというか…。

でもSPの『月の光』を見てもわかるように、彼との相性は悪くないと思います。SPとフリー合わせて「僕はこういう選手です」というイメージを提示できるのも悪くないような気はしますし。しかしその一方で、「ラフマニノフかー」的な懸念といいますか、その一点(?)で個性が埋没しちゃう不安もなきにしもあらずなのですが、そこはこれからのファリス選手次第だし、そこは大丈夫かな、たぶん。
彼も同じく次は全米選手権。やはりフリーのジャンプが課題になると思うので、がんばってほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/09 11:07 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。