フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【四大陸選手権】 アシュリー・ワグナー選手と浅田真央選手のスコア

フィギュアスケートの四大陸選手権は、3日目の競技が終了。女子シングルは、アメリカのアシュリー・ワグナー選手が初優勝、日本の浅田真央選手は2位に入りました。
以下、ワグナー選手と浅田選手の各種スコアです。

ジャンプ
47.40 (41.60+5.80-0.00) アシュリー・ワグナー
44.21 (44.07+2.13-1.99) 浅田真央

スピン
11.27 (9.20+2.07-0.00) アシュリー・ワグナー
11.14 (9.00+2.14-0.00) 浅田真央

ステップ
4.30 (3.30+1.00) 浅田真央
3.94 (3.30+0.64) アシュリー・ワグナー

コリオスパイラル
4.00 (2.00+2.00) アシュリー・ワグナー
3.30 (2.00+1.30) 浅田真央

基礎点
58.37 浅田真央
56.10 アシュリー・ワグナー

加点
10.51 アシュリー・ワグナー
+6.57 浅田真央

減点
-0.00 アシュリー・ワグナー
-1.99 浅田真央

技術点
66.61 アシュリー・ワグナー
62.95 浅田真央

演技構成点
61.73 (7.61 7.46 7.93 7.71 7.86) アシュリー・ワグナー
61.42 (7.75 7.43 7.64 7.82 7.75) 浅田真央

結論から言えば、今日はワグナー選手がクリーンプログラムを滑りきった、それに尽きるかなと。ほぼジャンプの点差がそのまま結果につながった、そう言っても差し支えないような気がします。単純なスコアという観点から見ればですが。
ジャンプに限らず、プログラム構成全体の難度だったりバランスだったりは、僕は浅田選手に軍配が上がると思うんですね。基礎の部分等を考えてみても。ですからコンポーネンツについては、少し思うところがあるだろうか。ただ、よいときの浅田選手を思い浮かべると、今日は悪くはなかったのだけど…ということも同時に考えてしまうので、なかなか難しいですね。

それにしてもアシュリーの『ブラックスワン』は、全米の演技もそうでしたが、ハマると凄いパワーを発揮するんだよなー。観客に訴えかける力、それがとにかくもの凄い。終盤はさすがに疲れが見えたものの、今日もそのパワーはすばらしかったと思います。
あのコリオスパイラル、僕はじめて見たときは「ちょっとやりすぎじゃないかな?」と正直思ったんですよ。でも全米から四大陸と見てきて、いまや完全に降参です。もう虜です。キター!!と素直にゾクゾクくるもんな。

もちろん、浅田選手の『愛の夢』もすばらしい。だから、どちらのプログラムがどうということはないんですね。その日のパフォーマンスによって、ああ、今日はこちらの方がよかったなーと素直に感じられるといいますか。そして今日のフリーに関しては、それがアシュリーだったかなと。
(初日)すごく僅差の中で、いちばんよい演技をした選手が上にきた。状況は違えど、男子と同じようにその結果を非常にしっくりと感じられた、2012年の四大陸選手権でした。
アメリカ女子はいい感じですね!絶対「3枠」獲ってほしいなと思います。それぞれの選手がベストを尽くせば、自ずと結果はついてきますよね!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/12 21:07 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(2)
はじめまして!
6分間練習の時の自信にあふれた様子から
今日はアシュリーの日なのかも!と感じました。
本人も負ける気がしなかったんじゃないでしょうか。
白鳥を模した振付が効果的に使われていましたねー。

技術的な見方ができないド素人目線でフィギュアを見ていますが、
タロウさんのスコア評がとても参考になります。
労作ですよね。いつもありがとうございます。
[ 2012/02/12 22:45 ] [ 編集 ]
こんばんは!
ららさん、こんばんは。

> 白鳥を模した振付が効果的に使われていましたねー。

でしたねー。ちょっと最後の最後は疲れちゃったかなとは思いましたが、全体としてはこのプログラムのよさが多くの人に伝わるパフォーマンスではなかったかと思います。とにかく自信というか、思い切ってやろう!みたいなところが、いまの彼女からは伝わってきますよね。それがニースでも見られれば、本当に自ずとよい結果はついてくるのではないか、そう思います。がんばってほしいですね!

タロウ
[ 2012/02/13 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL