フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【2011/12シーズン】 ハン・ヤン選手のフリー演技

2011/2012シーズンのJGP、ファイナル、世界ジュニア選手権におけるハン・ヤン選手(中国)のフリー演技詳細です。

JGP1戦目
8.50 +2.00 10.50 3A
10.3 +2.14 12.44 4T

5.70 +0.10 *5.80 3F+1T
6.00 -2.10 *3.90 3Lz
3.00 +0.50 *3.50 FSSp4
2.60 +0.79 *3.39 CiSt2
8.03 +1.00 *9.03 3Lz+2T x
5.83 +0.60 *6.43 3F x
4.62 +0.50 *5.12 3S x
5.61 +0.14 *5.75 2A+2T+1Lo x
2.00 +0.36 *2.36 CCSp1
3.50 +0.50 *4.00 CCoSp4

JGP2戦目
8.50 +0.86 9.36 3A
10.3 -1.57 8.73 4T
6.60 +0.40 7.00 3F+2T
6.00 +1.00 7.00 3Lz
3.00 +0.50 3.50 FSSp4
3.30 +0.86 4.16 CiSt3
8.03 +0.90 8.93 3Lz+2T x
5.83 +1.40 7.23 3F x
4.62 +0.80 5.42 3S x

7.04 +0.57 7.61 2A+2T+2Lo x
2.30 +0.50 2.80 CCSp2
3.50 +0.36 3.86 CCoSp4

JGPファイナル
8.50 +2.29 10.79 3A
10.3 +1.57 11.87 4T

9.40 +1.20 10.60 3F+3T
6.00 -0.20 *5.80 3Lz
3.00 +0.50 *3.50 FSSp4
2.60 +0.43 *3.03 CiSt2
5.83 +1.40 *7.23 3F x
7.04 +0.40 *7.44 3Lz+1T x
4.62 +0.50 *5.12 3S x
5.61 +0.00 *5.61 2A+2T+1Lo x
2.80 +0.21 *3.01 CCSp3
3.50 +0.36 *3.86 CCoSp4

世界ジュニア選手権
8.50 +2.29 10.79 3A
10.3 +1.00 11.30 4T

9.40 -0.50 *8.90 3F+3T
6.00 +1.20 *7.20 3Lz
2.60 +0.57 *3.17 FSSp3
2.60 +0.71 *3.31 CiSt2
5.83 +1.40 *7.23 3F x
8.03 +1.10 *9.13 3Lz+2T x
4.62 +1.10 *5.72 3S x

4.18 -0.93 *3.25 2A+1T<<+1Lo x
2.30 +0.21 *2.51 CCSp2
3.50 +0.36 *3.86 CCoSp4

一応1.00点以上(+1)の加点を得た高難度ジャンプ(3A以上)、0.70点以上(+1)の加点を得た3回転ジャンプ、マイナス要素になったジャンプ、1回転(または2回転)になった(抜けた)ジャンプ、という感じで色分けしてみました。

まあ「こんなの見るまでもねーよ!」なわけですが、難度の高いジャンプを入れ、かつ加点幅が大きいそのジャンプでがっぽり稼ぎ、プラスそれ以外のジャンプでも加点を取れるだけ取ると、それがヤン選手の最大の力の源泉といいますか、現システムの基本的な部分を彼は抑えている、そういうことだと思います。ごく単純にいえば、ですが。それを突っ走りながらやっちゃうわけですよね、ヤン選手は。(下はJGPファイナルの演技)



今シーズンはまずアクセルがどうなるか?(安定して入れられるか)が焦点になるかと思いきや、それに4回転トウがかなりの確率でいきなり(という言い方も何だけど)入ってきたため、皆がびっくりこいたと。ええ、いまだにびっくりしちゃいますが。
そんな彼の弱点らしい弱点といえば、うーん…3連続ジャンプぐらいですかね。時々コンビネーションに苦労することもありますけど、とにかく跳んでおくことに意義がある(+SEQよけとか)という言い方ができる場合もあるっちゃありますから、そういう意味では、3つ目が1回転になろうがとにかく跳びきる、という意志は大切なのかも。体力的な観点から見れば、少しガス欠?という見方もできるかもしれませんが。

ステップはレベル2になることが多いのですが、加点はしっかりもらえている方だと思います。スピンについては、ただでさえコントロールが難しいCCSpが最終盤にある(スピンが連続する)という構成の問題もありますかね。ただ本来はもう少し加点が取れる選手というか、ちょっと悪くなってるかな?と思わないではなく。能力はあると思うのだけど…。そのへんも洗練されていけば、もっと印象がよくなるかもしれません。PCSの話も少し。

JGP1戦目
7.00 7.25 7.00 7.00 7.25 7.25 7.00 7.00 7.00│7.07
6.75 6.25 6.50 6.50 6.25 6.50 5.75 6.00 6.25│6.32
6.75 6.50 6.75 6.25 6.75 6.25 6.25 4.00 6.75│6.50
7.00 6.50 7.00 6.50 6.75 6.50 6.00 6.00 6.50│6.54
6.75 6.75 6.75 6.00 6.75 6.75 5.75 5.50 6.75│6.50

JGP2戦目
7.50 7.50 7.00 7.50 7.00 7.25 8.00 7.00 8.00│7.39
6.75 7.25 6.75 7.25 6.75 6.75 7.00 6.50 7.25│6.93
7.25 7.00 7.00 7.25 7.00 7.00 7.75 7.00 7.50│7.14
7.00 7.25 7.00 7.25 7.25 7.00 7.50 6.75 7.50│7.18
7.25 7.25 7.00 7.50 7.00 7.25 7.50 6.75 7.25│7.21

JGPファイナル
7.00 6.25 7.50 7.50 7.25 7.25 7.50 7.50 6.50│7.21
5.50 5.50 7.25 5.25 6.75 4.75 6.50 4.50 5.50│5.68
6.50 5.75 7.50 5.50 7.25 6.25 7.25 6.00 6.25│6.46
6.25 5.50 7.50 6.00 7.25 5.50 7.00 5.75 6.00│6.25
6.00 6.25 7.25 5.00 7.00 5.75 6.75 6.00 6.50│6.32

世界ジュニア選手権
7.00 7.00 7.50 7.50 8.75 7.50 7.00 7.25 7.50│7.32
6.75 6.75 7.25 7.25 7.50 7.25 6.50 7.00 6.25│6.96
7.00 7.00 7.25 7.00 7.75 7.25 6.50 7.00 7.00│7.07
7.00 6.75 7.50 7.25 8.00 7.50 6.75 7.00 6.75│7.11
7.00 7.25 7.50 7.25 8.25 7.25 6.75 7.00 6.75│7.14

スケーティングスキルについては、既に折り紙付きといってよいでしょうか。トランジションに関しては、結局ファイナルはなんだったんだという…。いや、わかりませんよ。今回の演技は見ていないので。あくまで、外から垣間見える部分についてのお話ですから。しかしシニア(ほとんど同じ面子だった)でも「?」という例が正直ありましたし、やはりレアケースだったのかなと。いや、まあそういう信念をお持ちのジャッジが多かった、単にそういうことなのかもしれませんが。でも、もう一度CSの放送でそのへん注目して見てみたいなと思います。もちろん素人ながらに、ですけど。

後ろの項目については…弱いというほどではないけれど、ちょっともの足りなく見えるスコアではあるのかなと思います。彼の場合はどうしてもSSが目立つ分、相対的に低く見えるという面がなきにしもあらずなのですが、得点的にもうひとつ伸びきらない(ように見える)のはたしかか。
あまりにスイスイいっちゃうため、やや淡泊に映るところがある気はしますし、SPは選曲だったりフリーより短い分、それほど目立たないような気もするので、要はプログラムの問題ということなのかな…と思ったりもするのですが、単に「てめぇ(失礼)の好みの問題だろ」という気もするし、どうなんかな?さすがに3季連続はないと思うので、来シーズンのフリーに注目かな。無理やりまとめちゃった。

その来シーズン、シニアでもハン・ヤン旋風は吹くのかどうか。もちろん十分通用すると思いますし、ガンガンいってほしいな!とも思いますし。とにかく、いま中国勢は凄く勢いがありますからね。国内の競争も注目だし、ホントいろいろ楽しみすぎるぐらい楽しみです。新しいジュニア王者に、あらためて心からの祝福を。
やったね!ハン・ヤン!ハン・ヤンくんは、ハンでもヤンでもなく、なんかハン・ヤンくんっていいたいよ!親しみをこめてさ!ナン・ソン選手もそうだけども!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 19:51 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL