フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界ジュニア】 グレイシー・ゴールド選手の演技

動画ではなく、テレビの画面ではじめて見ることができたグレイシー・ゴールド選手(アメリカ)の演技。いやあ、あらためていい選手だなと。解説の岡部由起子さんも「(ジャンプが)非常に力強く高い」「滑りも非常にいい滑りをしている」「(名前に)グレイスゴールドが両方入っている(Gracie Gold)からすごい」(笑)とすこぶる高評価でした。

たしかにジャンプが高い!そしてパワーがあって気持ちいい!そう、その気持ちよさが気持ちいい(?)んですよ。降りるたびにスッキリするというかテンション上がるというか。何せスケールが大きいので、ルッツがルッツらしい力の向きをしている(っぽい)のが目に見えてわかるのも、なんかうれしくなるし。ルッツとフリップの跳び分けも、岡部さんからお墨付きをもらっていました。
スピンフットワークも褒められていましたし、トランジションがシンプルという指摘こそありましたが(たしかにそれが明らかに目立つ箇所もあっただろうか)、そのあたりはまだまだこれから期待できる部分だと。

氷の上ですごく見栄えがする選手だと思いますし(陸上でも美人さんですけど)、結構強気っぽい?感じもするし、いまでもアメリカにはいい選手がたくさんいますが、その中でもアメリカが求めていた選手なのかなーという気が。なんとなくですが。
来季はシニアGPに出たい、という希望も持っているようですし、今後の活躍が本当に楽しみ。ソチの主役の一人になるかもしれませんよね、まだまだ気が早いかもしれないけれど。ロシアっ娘ももちろんすばらしいのですが、アメリカからこのようなスター候補が現れたのは、女子の競技にとってすごくいいことだと思いますし、ファンとしてもめちゃくちゃ刺激になるといいますか。

というわけで、早い話がホレたってことですね、ゴールド選手の演技に。繰り返しになりますが、彼女のこれからの活躍に、大いに期待したいと思います!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/24 23:22 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL