フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【男子SP】 パトリック・チャン選手の演技

ちょっといつになく不安そうな面持ちにも感じられたチャン選手でしたが、さすがの演技だったと思います。おさえるべきところはおさえる、しかも高いレベルで、という強さですよね。そのあたりは、本当に称賛されるべき王者の証しだと心から思います。

今度の大会は、悪くないですよね?カメラワーク。でも、このSPの冒頭でパトリックがパッと振り向くところ、あそこでカメラを切り替えたスイッチャーには、一言物申したく。あそこは正面からじゃないとダメなんよ!
…それはさておき、所々危ない場面はあったものの、やはりトータルで見たときの水準の高さとでもいいますか、それはすばらしいとしかいいようがないですよ。その得点にも納得。あのステップの「あぶねー…あぶねー…こらえろオレ!」がなければ、確実に90点台に乗せていましたよね。でもあれもご愛嬌というか、めっちゃかわいかったし。思わず笑っちゃうみたいな、それはそれで好ましい印象を与えるキャラクターというのかな、それも彼の強さだよな、と素直に思います。

僅差ではありますが、それでも首位でスタートしたチャン選手。フリーでその実力を出し切ることができれば…いけるんじゃないかな。
彼に勝つためには、ギリギリ限界まで挑戦しないと!そう思わせる時点で、そういういまの状況を作り出した時点で、それはものすごいアドバンテージだと思うんですね。生半可なことではそうはならない、できないわけで、その常にリードし続ける姿勢、その力を示し続ける強さには、本当に感服。
フリーは最終滑走。プレッシャーももの凄いだろうけど、その力をあらためて見せつける舞台としては、これ以上のものはなく。またとんでもない強さを発揮するのか、非常に楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/31 15:57 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。