フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界選手権】 男子フリー 上位3選手のスコア

フィギュアスケートの世界選手権は大会6日目、男子フリーの競技が行われ、カナダのパトリック・チャン選手が優勝、日本の高橋大輔選手が2位、羽生結弦選手が3位に入りました。以下、上位3選手の各種スコアです。

ジャンプ
73.29 羽生結弦
67.70 パトリック・チャン
66.55 高橋大輔

▽基礎点
64.95 羽生結弦
63.81 高橋大輔
59.71 パトリック・チャン

▽加点
+9.39 パトリック・チャン
+8.34 羽生結弦
+3.74 高橋大輔

▽減点
-0.00 羽生結弦
-1.00 高橋大輔
-1.40 パトリック・チャン

高橋選手の得点がちょっと伸びなかったかな?と感じられた要因は、このジャンプのスコア。フリップがアンダーローテーション(回転不足)の判定になったこともそうですが、いちばん大きかったのはその加点。いまは降りるだけじゃダメなんですね。降りるだけとか、スコア的にいえばという話なのですが。でもそれが非常に大きなウェイトを占めることはたしか。
特に加点幅の大きい4回転とトリプルアクセルで、加点を取りきれなかった。それが痛かったですし、その他のジャンプにおいても、さらに点差が開く結果になってしまいました。

チャン選手はアクセルの転倒がありましたが、その分は最初の2つのジャンプの加点で、計算上回収できているんですね。さらにダブルになったサルコウがあってのこのスコアですから、やはり地力は相当強いと。ダブルのコンボもまだいけるのか。
そのチャン選手を上回った羽生選手はお見事。ただ、今後体力的な部分がよりクリアされれば、後半もっと加点が得られるジャンプが跳べると思います。いや、皆さん後半のジャンプは厳しいわけですが、さらに伸ばす余地もあるということで。いやはや、凄い選手です。

スピン
12.41 高橋大輔
11.36 パトリック・チャン
11.07 羽生結弦

▽基礎点
10.20 高橋大輔
*9.00 羽生結弦
*8.50 パトリック・チャン

▽加点
+2.86 パトリック・チャン
+2.21 高橋大輔
+2.07 羽生結弦

高橋選手はキャメルにジャンプによる足換えを再投入し、オールレベル4を達成。CCSp+FCCoSp+CCoSpと、実質的に最強の組み合わせといってよいと思います。
チャン選手は珍しくレベル1のスピン(FCCoSp)が。キャメルでバランスを崩し、2回転以上の回転がカウントされなかったため、足換えのコンボでレベル2以上になるために必須となる「3基本姿勢」が欠如していると見なされた、おそらくそれだと思います。しかし加点は3点弱と、十分なスコア。
羽生選手は最後のスピンがレベル2に。構成はレベル3でしたから、1つ落としたことになると思うのですが、たぶんキャメル・アップワードの部分かな…といった感じです。

ステップ
5.50 (3.90+1.60) パトリック・チャン
5.30 (3.90+1.40) 高橋大輔
4.23 (3.30+0.93) 羽生結弦

コリオステップ
4.00 (2.00+2.00) パトリック・チャン
3.90 (2.00+1.90) 高橋大輔
3.40 (2.00+1.40) 羽生結弦

ステップはチャン選手と高橋選手のスコアが拮抗。羽生選手のレベルステップも、その加点は十分でした。コリオも十分すばらしいのですが。以下、このような詳細になりました。

基礎点
79.91 高橋大輔
79.25 羽生結弦
74.11 パトリック・チャン

加点
15.85 パトリック・チャン
12.74 羽生結弦
+9.25 高橋大輔

減点
-0.00 羽生結弦
-1.00 高橋大輔
-1.40 パトリック・チャン

技術点
91.99 羽生結弦
88.56 パトリック・チャン
88.16 高橋大輔

演技構成点
90.14 (9.11 8.79 9.00 8.96 9.21) パトリック・チャン
85.78 (8.71 8.14 8.61 8.61 8.82) 高橋大輔
83.00 (8.39 8.00 8.39 8.29 8.43) 羽生結弦
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/01 01:32 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(2)
PCSのこと
タロウ様、こんばんは。

男子フリーは興奮しましたね。ハイレベルでドラマティックな展開。
フィギュアの醍醐味が満載なテレビ放映でした。

ところで、3人の選手のPCSについてタロウ様のコメントが無いのですが、是非、感想なりご意見をお聞きしたいものです(#^.^#)

高橋選手は思ったほどPCSが伸びなかったようですが、これは、後半のジャンプや滑りにやや精彩を欠いていたことが影響しているのでしょうか。(コレオステップは凄かったですが)

羽生選手のPCSは驚きです。
私は、世界選手権のジャッジたちが羽生選手の入魂の演技に新鮮さを感じたこともプラスになっているのかなあと、想像しています。

それにしても、タロウ様のように得点数字をしっかりと整理し、分類し、分析し、ファイリングしているブロガーは稀ですね。素敵です。

根気が求められると思いますが、長く続けて下さいね^^
[ 2012/04/01 23:50 ] [ 編集 ]
こんばんは!
片割月さん、こんばんは。

> 男子フリーは興奮しましたね。ハイレベルでドラマティックな展開。
> フィギュアの醍醐味が満載なテレビ放映でした。

でしたねー。フジもライブでよくがんばってくれたと思います。

> ところで、3人の選手のPCSについてタロウ様のコメントが無いのですが、是非、感想なりご意見をお聞きしたいものです(#^.^#)

そのあたりは各記事にておいおいということで…。でも難しいです、PCSは。そのときのパネルの総評みたいなものが聞けるとありがたいのですが、公表された結果がすべて、そんな後付けみたいなもんは必要なし!とか怒られそうだし、出たら出たでもっとエライことになるかもしれないし…。そりゃ無理な話か。

> 根気が求められると思いますが、長く続けて下さいね^^

ありがとうございます!どこまでできるかわかりませんが、自分がそれを楽しいと思えるうちはやりたいと思うので、よろしければお付き合いしてやってください。

タロウ
[ 2012/04/03 22:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL