フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

ついでにこちらの方もいじってみる

高橋大輔選手のSPについて)「エキゾチックな音楽にのって、どこまでも妖しく。スケートで人の心をつかむ術を得るために、彼が悪魔に魂を売っていたとしても、信じてしまうかもしれない」
(http://figure-skating.at.webry.info/201203/article_12.html)

「信じないで!」とお願いしても、もはや無理か。仮に売ったとして、「そのお金でクロワッサン買いに行きたかっただけだよ!」とかいっても通じないか。しかし、どこまでも「我が道」を貫き通すその“ライター魂”には、あっぱれというべきなのかもしれない。僕は絶対いうつもりないけど。

あとひとつ。

「そして見ていて心配になったのは、どうしてもテレビの取材などで、『ショートプログラムからトリプルアクセルは跳びますか?』と聞かれてしまうことだ。そう聞かれると、『はい』とつい答えてしまうのが浅田真央。(中略)しかし『みんながトリプルアクセルを待ってる……』と彼女が思いこんでしまいそうなことが、やはりどうしても心配だ」
(http://figure-skating.at.webry.info/201203/article_6.html)

「21歳の浅田真央だって、そんな大人の選択をもうそろそろしなければならない」
「ならば彼女は、アクセルを捨てて勝ちにこだわらなければならないのか? 結果など関係なく、自分の跳びたいジャンプを跳んではいけないのか? ――酷なことだが、浅田真央に自由は無い。それは彼女が、スケートを自由に楽しめる一般の選手ではなく、日本を代表するトップスケーターだからだ。国を代表し、来年の世界選手権出場枠もかかっている試合に出ている以上、自分のやりたいことを通して勝ちを逃す自由は、彼女にはない。自分自身のためだけでなく、日本チームのため、勝つために最大限のことをしなければならないのだ」

「きっとショートプログラムでトリプルアクセルに失敗したNHK杯の時と同じように、今夜はこんこんと信夫コーチにお説教をされて、いろいろと考えこんでいるはずだ。そして一夜明ければまた気持ちを新たに、フリーに向かうだろう。今度は『きちんと』トリプルアクセルを回避して、アクセルなど無くても十分に美しい『愛の夢』で、うっとりさせてくれるだろう」
「そのときは私たちも、『真央ちゃん、跳ばなかったね』ではなく、『真央ちゃん、我慢して偉かったね!』と言おう」
(http://figure-skating.at.webry.info/201203/article_8.html)

(彼女曰く)「日本を代表するトップスケーター」に対し、報道陣から(何にせよ)聞かれたことに「『はい』とつい答え」、それにより何事かを「思いこんでしまいそう」だとか、「お説教」の妄想だとか、「『真央ちゃん、我慢して偉かったね!』と言おう」だとか、それこそ「日本を代表するトップスケーター」なめてんのか。

彼女にいわせれば、トリプルアクセルを「きちんと」回避することが「大人の選択」で、その逆は「結果など関係なく」「自分のやりたいことを通して勝ちを逃す自由」を選んだことになるのか。悪意あるつなぎ方といわれるかもしれないけど、少なくとも僕にはそう読めますよ、これ。それにまさか、浅田選手が「国の代表」云々をいわれることになるとは。

もちろん、その選択も含め、いろいろな意見はあるのだと思います。しかし、彼女ほどの選手に対し、何事についてもこのような言い様があってよいのか、と僕は強く思うのですが。
あらためて、その文章にも、それをガマンできないあいかわらずな自分にも、まとめてがっかりだ。「うんざり」の方がしっくりくるかも。いろんな意味で失礼しました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/08 22:18 ] メディア関連 | TB(0) | CM(2)
同感です
タロウさん、初めまして。いつも頷きながら拝見しております。私の知りたいこと満載で有難いです。
今回の例の記事に対しても全く同感でした。
枠取りの件も浅田選手やコーチが考えてないとは思えませんし、一ライターから勝ちを逃す自由はないと断言されても・・・
1枠しかとれなかったロシア男子などは、国内でやはり批判されているのでしょうか。フリーで4回転を回避する様子など見受けられませんせんでしたが。
世の中に同じ思いの方がいらっしゃると、このもやもや感が和らぐような気がします。ありがとうございました。
[ 2012/04/11 09:31 ] [ 編集 ]
こんばんは!
またじろうさん、こんばんは。

> 世の中に同じ思いの方がいらっしゃると、このもやもや感が和らぐような気がします。ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございます!いつも「…オレだけかな?」とか思っちゃうもので。うーん、結局いつも彼女がいいたいのは、自分は他の報道陣(「トリプルアクセル跳びますか?」と聞くような)とは違うということ、いかに自分が「わかって」いるかということ…じゃないのかなというのは、相当ひねくれてますかね、僕も。

タロウ
[ 2012/04/12 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL