フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【GP-WTT】 ステップのスコア (女子)

GPシリーズから国別対抗戦までの各要素における高得点をまとめてみました。次は女子のステップのスコア。(レベル4 or 4.60点以上の得点。カッコ内は基礎点+加点-減点。各選手権大会については、予選は対象外、SPはフリー進出者のみ対象とする)

SP
5.40 (3.90+1.50) カロリーナ・コストナー (世界選手権)
5.30 (3.90+1.40) アレーナ・レオノワ (世界選手権)
5.30 (3.90+1.40) 浅田真央 (世界選手権)
5.30 (3.90+1.40) カロリーナ・コストナー (国別対抗戦)
5.30 (3.90+1.40) 鈴木明子 (国別対抗戦)

5.20 (3.90+1.30) 浅田真央 (ロステレコム杯)
5.10 (3.90+1.20) ヴィクトリア・ヘルゲソン (欧州選手権)
5.10 (3.90+1.20) 浅田真央 (四大陸選手権)
5.10 (3.90+1.20) 鈴木明子 (世界選手権)
5.10 (3.90+1.20) 村上佳菜子 (国別対抗戦)

5.00 (3.90+1.10) アレーナ・レオノワ (ロステレコム杯)
5.00 (3.90+1.10) 村上佳菜子 (四大陸選手権)
5.00 (3.90+1.10) 村上佳菜子 (世界選手権)
4.90 (3.90+1.00) ヴィクトリア・ヘルゲソン (世界選手権)
4.80 (3.90+0.90) ヴィクトリア・ヘルゲソン (スケートアメリカ)

4.70 (3.90+0.80) ヴィクトリア・ヘルゲソン (エリック・ボンパール杯)
4.60 (3.90+0.70) アシュリー・ワグナー (国別対抗戦)
4.60 (3.90+0.70) ヴァレンティーナ・マルケイ (国別対抗戦)

フリー
5.50 (3.90+1.60) カロリーナ・コストナー (国別対抗戦)
5.30 (3.90+1.40) 鈴木明子 (スケートカナダ)
5.30 (3.90+1.40) カロリーナ・コストナー (エリック・ボンパール杯)
5.20 (3.90+1.30) カロリーナ・コストナー (世界選手権)
5.20 (3.90+1.30) 鈴木明子 (世界選手権)

5.20 (3.90+1.30) 浅田真央 (世界選手権)
5.10 (3.90+1.20) カロリーナ・コストナー (スケートアメリカ)
5.00 (3.90+1.10) 浅田真央 (ロステレコム杯)
5.00 (3.90+1.10) 鈴木明子 (国別対抗戦)
4.80 (3.90+0.90) 村上佳菜子 (世界選手権)

4.80 (3.90+0.90) ヴィクトリア・ヘルゲソン (世界選手権)
4.80 (3.90+0.90) アシュリー・ワグナー (国別対抗戦)
4.80 (3.90+0.90) ヴァレンティーナ・マルケイ (国別対抗戦)
4.60 (3.90+0.70) ヴィクトリア・ヘルゲソン (スケートアメリカ)
4.60 (3.90+0.70) ヴィクトリア・ヘルゲソン (エリック・ボンパール杯)

▽昨シーズンの女子SPにおける高得点一覧
5.76 レイチェル・フラット (世界選手権)
5.47 カロリーナ・コストナー (スケートアメリカ)
4.44 鈴木明子 (四大陸選手権)
4.37 安藤美姫 (四大陸選手権)
4.30 カロリーナ・コストナー (欧州選手権)

4.30 浅田真央 (四大陸選手権)
4.23 カロリーナ・コストナー (NHK杯)
4.23 レイチェル・フラット (四大陸選手権)
4.23 長洲未来 (四大陸選手権)
4.23 キム・ヨナ (世界選手権)

4.23 安藤美姫 (世界選手権)
4.16 シンシア・ファヌフ (四大陸選手権)
4.09 長洲未来 (中国杯)
4.09 村上佳菜子 (スケートアメリカ)
4.09 カロリーナ・コストナー (GPファイナル)

4.09 カロリーナ・コストナー (世界選手権)
4.09 浅田真央 (世界選手権)

▽昨シーズンの女子フリーにおける高得点一覧
5.33 カロリーナ・コストナー (世界選手権)
4.44 鈴木明子 (ロシア杯)
4.37 鈴木明子 (四大陸選手権)
4.30 村上佳菜子 (スケートアメリカ)
4.30 浅田真央 (四大陸選手権)

4.30 アレーナ・レオノワ (世界選手権)
4.23 鈴木明子 (GPファイナル)
4.23 安藤美姫 (世界選手権)
4.23 キム・ヨナ (世界選手権)
4.16 カロリーナ・コストナー (NHK杯)

4.16 浅田真央 (エリック・ボンパール杯)
4.16 村上佳菜子 (GPファイナル)
4.16 安藤美姫 (四大陸選手権)
4.16 シンシア・ファヌフ (四大陸選手権)
4.16 村上佳菜子 (世界選手権)
(※今季からレベル4の加点幅は縮小されました)

ステップはやはりコストナー選手が強い。しかしレベル4の女王(?)は、スウェーデンのヴィクトリア・ヘルゲソン選手かな。いくらか取りやすくなったとはいえ、その確実な実施はお見事というべきではないかと。誰か彼女のステップの解説プリーズ。めっちゃ勉強になると思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/30 22:11 ] 11/12終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL