フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JGP第2戦】 田中刑事選手のSPの演技

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦、レイク・プラシッド大会は男子SPの競技が行われ、日本の田中刑事選手が2位につけました。以下、田中選手の演技の感想です。



このショートプログラムを滑りきった彼にかける言葉は、「おつかれっす!!」でしょうか(笑)。まあ普通に皆さん「おつかれさま」と声をかけるとは思うのですが、田中選手には特に「おつかれっす!!」と言いたい気持ち。だって、これだけ動きまくってるんだもん。なかなかいませんよ、こんなに動きまくるプログラムを滑る選手は。
たしかに内容はよくなかったかもしれないけど、僕はこの「イヤでも目を引く」SPを選択した彼のチャレンジに賛辞を贈りたいと思いますし、そこに最大限の価値を見い出したいとも思います。即ち、この競技、目立ってナンボや!世界ジュニアの銀メダリストだけど、もっと売ったれ、その名前!!いや、価値の中身はそれだけじゃないんだけどさ。

まだ(ギリで)8月、まだJGPの(田中選手にとっては)第1戦。こういう経験を積んでこそのグランプリってもんですし、このプログラムを競技会で自分のモノにするには、時間がかかって当然じゃないですかね?かけてこそ磨かれる、またかけるだけの価値がある作品ではないか、と僕は思います。単純に、(このプログラムが)「好きだ!!」っていやあ話は早いわけですが…。

引き続き、課題はあるとも思います。スピンとかスピンとか、それからスピンとか。でも僕田中選手のスピン、結構好きなんです。もう何回も言ってますけど。しっかりコントロールできれば…ってそれが難しいのだろうけど、その構成は悪くないと思う。つーか、それが好きやねん。
一方で、もう少しできる範囲でしっかりと…とも思うんですよ。でもどっちみち?やらなきゃいけないのなら、いまからやっといてもいいんじゃないですかね?それでずっと結果が出ないようであれば(もうそういえるんじゃ…という声もあるだろうか)、たしかに問題あるかもですが、まだそこを云々する段階ではないような。

とにかく、次はフリー。これはGPなんだから…とかいいつつ、結果も求めちゃうのがファンの…失礼、僕の勝手なところ。だからいい経験を積んで、ついでにいい結果を残してくれれば、何も言うことはありません。そりゃそうだ。
(再度)とにかく、いてもうたれ、刑事!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/31 21:43 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/09/04 15:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。