フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【ネーベルホルン杯】 織田信成選手のフリー演技

フィギュアスケートの国際競技会、ネーベルホルン杯(ドイツ・オーベルストドルフ)は男子フリーが行われ、日本の織田信成選手がSPに続き1位、復帰戦を勝利で飾りました。



4回転は惜しい!という感じでしたし、ステップのミスも残念。途中で流れが途切れてしまったため、その全体像がややわかりにくくなってしまったのですが、すごくよさげなステップになる予感アリ。次こそはその全貌をぜひ。
曲は『魔法使いの弟子』からということですが、そのタイトルから連想するわかりやすさはないような気がするんですね。そこがなかなか難しいところというか、これまた織田選手の腕の見せ所かなと思います。

スピンの構成はSPと共通。ルール変更に伴い、各選手ともまた新たな対応を迫られるシーズンになるわけですが、そこはさすが織田選手というべきか、レベル構成に関しては問題なく。ただ、今回レベル2になった足換えのキャメルスピンにやや苦戦しているか。
もっとも、そのあたりはまだまだこれからだとは思うのですが、織田選手の場合は(特にキャメルというわけではなく)レベルを一つ落として、その分加点を獲りに行く…という選択肢もあってよいような。美しいスピンの持ち主ですから。
しかしそのためには、3つのスピンの構成を一から練り直す必要があるだろうし、8回転は最初に成立した一つしかカウントされないしで、いろいろ難しいのかなあ。

でももっと織田選手のよさを生かせる構成があるように思うのだけど、それにしても、あらためてつくづく解せんルール改正だ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/30 21:17 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL