フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 織田信成選手のSPの演技

先日も書いたとおり、曲との相性はとてもいいと思います。が、これも先日書いたとおり、それほどわかりやすいという曲ではないため、少し淡々と見えてしまうときがある織田選手の弱い部分とそれが共鳴してしまわないように、もっと感情の発露なり何なりが見えてもよいのかなと。そこは今後に期待したいです。

織田選手もトランジションが低めに出ていますが、これスケートカナダの一つの傾向なんですね。この項目に厳しいという。もちろん例外もありますが。しかしそれはそれとして、確実にジャンプを跳ぶための構成に見えなくもないのかなとは思います。それがまったく悪いことだとも思いませんが。全体の流れには、すばらしいものがあると思うので。
ただ、後ろ2つの項目が上がりきらないのも、織田選手の弱点…とまではいえないかもしれないけれど、一つの課題ではあるだろうか。プログラムこそ違いますが、フリーでの評価はどうなるか。注目ですね。

→ そのフリーがさきほど終了。うん、なかなかいい評価なんじゃないかな?表彰台にも上がってくれましたし、次戦にも期待したいですね!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/28 09:57 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL