フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【ロステレコム杯】 織田信成選手のフリー演技

冒頭の4回転こそ残念でしたが、その後はさすがの演技。よくSPから持ち直したなと感心することしきり、という感じです。ただ、フリーのプログラムに関しては、やはり少しわかりにくいかな…と僕は思います。演技を振り返って、その全体をイメージする言葉がなかなか見つけづらい…とでもいえばいいのかな。もちろん、人それぞれ好みがありますから、あくまで僕にとっては響きにくい、ということだとは思うのですが。

得点的には、ステップシークエンスでもう少し加点を獲りたいところでしょうか。あとはスピンですよね。FSSpはジャンプか1つ目のバリエーションの認定ですかね?FCCoSpは、これもキャメルのバリエーションなのかチェンジエッジ前の回転数なのかジャンプによる足換えが明確でなかったのか最後のバリエーションの回転数なのか…つまりわからん。つーかまた天井から!またウソ記事(これっす)書いたろか。

CCoSpについては、おそらくキャメルの不足をチェックされたのだと思います。…そうか?もはや自分で自分を疑ってますが。それいつものことですが。
しかしこれよくいってますけど、織田選手はやや姿勢変更が急ぎ足のときがあるんですね。解説の本田さんが、今日の小塚選手は回転数に気を配っていてよかった、というようなことをおっしゃっていましたが、そこがまさに1.50点(レベル4→レベル1)を失うかどうかの別れ道になるわけですから、より配慮してくれれば安心できるかなと思うところです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/11 21:46 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL