フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【ロステレコム杯】 リチャード・ドーンブッシュ選手のフリー演技

ショートが本当にもったいなかった僕の(もういいか)リッキーですが、フリーはまずまずの演技ではなかったかと。これまでの路線を踏襲したプログラム…といえばそうなので、見る人が見れば新鮮味に欠けるところはあるかもしれませんが、僕はそれが大好きなもので。
しかし今日のプロトコルを見ると、ステップコリオシークエンスの評価はなかなかに渋いものが。この2つの要素は、どの選手にとってもプログラムのになる部分だと思いますので、そこでもっと強い印象を与えられるパフォーマンスを目指さなければいけないだろうか。次のNHK杯に期待。

先日の記事の繰り返しになりますが、彼は非常に得点力が強い選手なんですね。得点力が強いってどういうこと?と引っかかった方は、今度じっくり話し合いましょう(笑)。コンポーネンツについても、今日はこれぐらいにしといてやるか…ってなもんだと思います。それこそどういうこと?今度じっくり話し合いましょう(笑)。
でもその詳細を見ると、かなりぶっ飛んだ(としかいいようが)付け方をしているジャッジもおられるようで、のん気に面白くていいなーとか思っちゃった。やっぱ何事も個性がないと。その個性が受け入れられるかどうかは、また別の話ですが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/11/11 21:54 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL