フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【全米選手権】 マックス・アーロン選手のフリー演技

昨シーズン、予選の勢いそのままにブレイクするか?と期待されながら、それが果たせなかったマックス・アーロン選手が、ついにやりましたね!今季もコンスタントによい成績をおさめてはいたものの、まさかここまでやるとは。
そのジャンプもさることながら、フェンスギリギリをかっとばす気持ちよさったらないですし、男子フィギュアスケートの魅力がたくさん詰まった、これも全米チャンピオンにふさわしい演技のひとつといえるフリーではなかったかと思います。

正直、あまり繊細な表現をするタイプの選手ではないように見えますし、解説の杉田さんも指摘されていたように、トランジションも弱い方かなと思います。ただ、それが逆によい方向に作用する選曲と振り付けではなかったかと。弱さもとらえようによっては強さに変換できるといいますか。上手く表現できませんが。
とにかく、ショートのトラブルも乗り越え、フリーも最終グループ1番滑走でこれだけの演技をしてみせた。その突破力に、アメリカ男子3枠奪還の夢を託してもよいのでは?と思える、すばらしいパフォーマンスでした。全米初優勝おめでとう!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/28 21:20 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL