フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【四大陸選手権】 高橋大輔選手のSPの演技

率直に言って、残念な出来だったかなと思います。新しいプログラムについても、その構成ですね、やや各要素間のつなぎに自然な流れが感じられにくいといいますか、その結果として、たとえばその要素の実施に難があった場合、その粗がちょっと目立つようなところもあるのかな…と感じました。

それが僕が不安に思っていた「モロゾフ…」という点によるものなのか、それとも他の要因によるものなのか、プログラム全体の評価にしても、昨日のパフォーマンスからは、とにかくなんとも言い難いんですね。すごくその判断が難しい。まだできたばかりの作品ですし、もちろん見る側としても初見ですし、当たり前といえば当たり前なのかもしれないけれど、それに複数のミスが重なってくると、本当に難しいと思います。

でもそうですね…悪くはないというか、いいなと感じたところもあるんですよ。スピンコンビネーションのときの音楽の使い方だとか、いちばん最後にステップをもってきたのも、すべてがハマれば最高の演出になると思いますし。
スピンは今季全体的にその精度が落ちているでしょうか。少なくとも足換えのキャメルについては、レベル3に構成を落として、GOEの加算を目指す方が得策ではないか?と個人的には思うのですが。昨シーズンも、試合によってその判断がわかれた部分ではあるのだけれど。

いまの高橋選手は、本当にいい意味で「余裕」があると思うんですね。僕がいうのも何ですが、周りがよく見えていると思うんです。山あり谷あり、それこそどん底も経験した選手ですから。柔軟で、いろんなものを吸収することにも貪欲で、ホントいい感じだなと。僕がいうのも何だけど、本当に。
今度の決断は、「異例の変更」と大きく報じられたこともありますし、今回は残念ながら、そこに結果が伴いませんでしたから、いろんな反応がおそらくはあるのだと思います。でもそれはごく自然なことといいますか、あって当然ではないかと。そこは高橋選手に限らず、誰だってそうですよ。

しかし彼は、なんというのかな…やっぱ「リーダー」なんですよ。たくさんの人が、たくさんのものをリードする選手であってほしいと、それこそたくさんの思いを、期待を託している選手だと、僕は思うんですね。ですからそれだけに…という部分が非常に大きい。
でもだからこそ、リーダーは突き進むべきなんです。オレが全部なんとかしてやるから、皆オレについてこい!と。ついでに?ジャッジもついてこい!と。これまでもついてこいといわれ(たような気がする)ついていったら、どれだけいい思いをさせてもらったことか。しあわせな思いをさせてもらったことか。

リーダーが物事に柔軟に対応し、決断したのであれば、僕はついていくしかない。なんか後ろ向きに聞こえます?いいえ、それだけ僕は高橋選手を信じているんです。とにかく、高橋大輔は、自分の信じる道を行けばいい
その先に待っているものは…それはわかりません。わからない道を突き進むからすごいんですよね、彼らは。そうして自分が信じる道を切り開いてきた結果、いまの高橋大輔がある。それはたしかだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/09 12:56 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(4)
同感です
お久しぶりです、タロウさんの感想に同感です。
ただ、高橋のスピンに関しては、前回モロゾフ氏と師弟解消してからコレオではなく、テクニカルスペシャリストの岡崎真氏が構成していますから、スピンの内容は高橋選手と岡崎氏の手腕でモロゾフ氏は関係ないと思います。
雑誌のインタを読んだ印象では、チーム高橋の中で一番の冒険派でチャレンジャーぽくも見えますし、たぶん構成を落として点数稼ぎをするという発想は最後の大一番以外は取らない人にみえますよ。

なのでスピンを除いてモロゾフ氏が手掛けた「月光」を見ると…おそらく私はタロウさん以上に「モロゾフ…」と思っているんじゃないかな。正直、彼、遅くて下手ですよね、つなぎを作るのは。
でも、こんなチャレンジもできるチームで、その結果に対する判断もできるチームだとも思ってますけどね。
[ 2013/02/09 14:43 ] [ 編集 ]
Re: 同感です
こたつむりさん、こんばんは。

スミマセン、紛らわしかったですかね? スピン(CCSp)については、その構成は前のプログラムからといいますか、昨シーズンから引き続きという部分ですから、モロゾフ云々とは関係なく、「ジャンプによる足換え」を除くレベル3構成の方が僕はいいかなと思う、という話です。現にいくつかの試合においては、その構成で実施していましたから、それも踏まえて今季もそちらの方が…と受け止めていただければ。

> でも、こんなチャレンジもできるチームで、その結果に対する判断もできるチームだとも思ってますけどね。

そうですね。いずれにせよ、高橋選手が決めた道を進むのがいちばんだと思います。

タロウ
[ 2013/02/09 19:21 ] [ 編集 ]
勝負時
そういうことでしたか。
そういう安全策点取りレベルダウンはやりたくないんだろうな、きっと、たぶん。
それも良とするなら、今この時に、忙しいモロゾフで新プロをゼロから作るなんてやらないですよ。
どうなるかわからなくても勝負に打って出たい心境なんじゃないんでしょうか、プロだけじゃなく、ジャンプでも、ステップでも、スピンでも、妥協したくないんじゃないですかね。
[ 2013/02/09 20:07 ] [ 編集 ]
Re: 勝負時
こたつむりさん、こんばんは。

そこはこたつむりさんと僕とは、まったくとらえ方が異なるのだろうなと思います。また異なっていてよいと。僕はレベルを落としてGOEの上積みを目指すという戦略(だと思う)は、「安全策点取り」だとも「妥協」だとも、まったく思わないんですね。でもひとつのご見識として、ふむふむと読ませていただきました。

タロウ
[ 2013/02/09 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。