フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【四大陸選手権】 羽生結弦選手のフリー演技

今回、4回転サルコウにかける思いは相当強いものがあったようで、それが降りられなかったのはなんとも残念。でも、それだけ難しい、本当に難しい構成に挑戦しているということなのだと思いますし、羽生選手であれば、これを次につなげる一歩にかならずやしてくれるのではないかと。

課題の演技後半も、やはりパフォーマンスとしては落ちてしまうところが見受けられるかな…とは思います。ただ、それも以前に比べれば、とてもよく滑っているように僕には見えますし、今シーズンも着実に進化していますよね、彼は。
その中で、羽生選手特有の、僕がよく言う「ほとばしるもの」が、正直今度のフリーからは感じられなかった、見ていて電流が走るようなあの感覚が、世界選手権で味わうことが叶えば、とてもうれしく思いますし、それを期待したいと思っています。それはもう、強く。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/11 11:46 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL