フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【韓国選手権】 キム・ヨナ選手の演技

僕はこの記事を書くにあたり、はじめてその演技を見た(おせーよ、とこれも自分でいっときます)のですが、まずはよくこのレベルをキープしているというべきか、戻してきたというべきか、その適切な表現の仕方はわからないのだけれど、そのように感じました。いずれにせよ、そこには相当トレーニングを積んできたであろう姿が窺え、素直に感嘆

SPで最初転んじゃったり、そのあとのジャンプが抜けちゃったりはありましたが、そのへんは試合勘の問題とでもいいますか、これからクリアできる部分ではないかと。スピンなどもちょっとまだこなれていない様子はありますけど、これは(今季は特に)他の選手も同じですからね。
プログラムはといえば、これが僕にしてはっつーか僕限定のことかもしれないけど、珍しくフリーの方が印象がいいんだよな、いまのところ。珍しいというか、はじめてかもしれない。SPも悪くはないんですけどね、どちらかといえば、僕は彼女の押せ押せのショートが見たい派(そんなんあるのか?)なもので。とにかく、『レ・ミゼラブル』は訴えかける力が非常に強い選曲だと思いますし、しっかり演じられれば、かなり盛り上がるのでは?

そのキム選手の全体的な評価が世界選手権でどうなるか?ということについては…これはさきほどと同じくまったくわからん。ただ、トップクラスの評価を受けるであろうことは、ほぼ間違いないと僕は思います。もちろん、そのときのパフォーマンス次第ですが。それに、その「トップクラス」がどの程度だっつーの。そこが大事だっつーの。でもそれがわかんないっつーの。
でもあらためて、「可能性」はあると思います。何の可能性かって?それは見てのお楽しみ、ということで…。われながらつまらん締めだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/03 22:23 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(2)
Tiffany
こんにちは。

私も、このフリーは成熟した落ち着きや優しさが表現されているようで好きです。キム選手はドラマチックなイメージがありましたが、十代の頃とはまた違う作風で素敵ですね。

スピンは、フリーの最後でレベル4を取れるかどうかに注目しています。

ジャンプは、ルッツとフリップを二度ずつ入れたら、(リンクを行ったり来たりで単調になってしまうというデメリットはあるものの)得点的には最強だと思うのですが、何故かフリップは一度しか使わないみたいですね。疲れてしまうのでしょうか。
[ 2013/03/05 19:39 ] [ 編集 ]
Re: Tiffany
Tiffanyさん、こんにちは。

> 十代の頃とはまた違う作風で素敵ですね。

そうですね。世界選手権では、ぜひ完成されたプログラムを見たいと思います。

> 何故かフリップは一度しか使わないみたいですね。疲れてしまうのでしょうか。

うーん、どうなんでしょうか? ただ、彼女はこれまでルッツとトウループを2回使うことが多かったので、もしかしたらまた「2A+3T」を投入するつもりなのかも。いずれにせよ、その構成にも注目したいですね!

タロウ
[ 2013/03/10 10:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL