フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【世界選手権】 アシュリー・ワグナー選手のSPの演技

全体としては、悪くなかったと思います。最後のスピンの乱れが、最後なだけにちと印象が悪かったかなとは思うのですが。つーか、マイナスを付けたのは2人だけなのか。まあまあ、プラスの要素もあったということなのだろう。

たしかに、悪くはなかったんです。でも、積極的に「いい」とは感じなかったんだよな。今季はずっとそんな感じで、そう思う要因はどこにあるんだろう?単なる好みの問題なのか?…といろいろ考え込んでしまい、ついにここまでその演技の感想を書けなかったという。
一つ思ったのは、柔らかいのに直線的、みたいな。なんじゃそら。上半身の動きもそうなのだけど、足元で描く図形には柔らかさを感じるのに、上はそうでもなくてちょっとちぐはぐ、みたいな。なんじゃそら。うーん、あいかわらずわからん。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/03/16 11:41 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL