フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【ガルデナ・スプリング杯】 小塚崇彦選手のSPの演技



この動画(感謝!)の見どころは、演技はもちろん、そこに至るまでの小塚選手の様子を余すところなくとらえた点か。なにか自然と背筋が伸びてしまったといいますか、そのいよいよ感だったり、「なんか尊いなー」みたいなわけわからん感じだったり、それにしても、やっぱリンクが似合う男だぜ! なんつーか、「滑る」小塚崇彦、シンプルにそれが見たかったのか、オレは。

やはりこのプログラムは、スタートのポーズからグッとひきつけられるなー。4回転は転倒。しかし今回は、小塚崇彦が競技会の場で4回転を跳んだ(入れた)という事実、その事実にこそ大きな意味があるといいたく。ファンとしては、ということですが。
そのあとのキャメルは美しいです。本当に美しい。彼のベーシックなポジション(基本姿勢とまぎらわしいけど)の美しさは、もっと賞賛されてしかるべきではないかと。続くフライングシットスピンは、音楽とのシンクロ具合があいかわらずいい感じです。

そこから昨日やらかしちゃった(笑)僕の大好きなパートが今回も大好きな感じで続き、絶品のトリプルアクセルへ。実にいいジャンプだ。構成的には、少し前に持ってきたといえそうですかね。ジャンプ後の振り付けも、これはこれで趣きが感じられ、よきことかな。
コンビネーションはセカンドジャンプがダブルになってしまいましたが、賢明な判断だったというか、これ以外(の判断)は考えにくかったというか。

ステップについては、よく体が動いているように僕には見えました。小塚選手は動けば動くほどその美しさが増すといったところがあるように思うので、美しく見えるということは、よく動けているということです。なんじゃそら!といわれそうだけど。
その美しさというのは、スポーツとしての美しさ、表現としての美しさ、プログラムも美しければ、それを演じる選手の佇まいも美しい、躍動する体が美しい、そこから発せられるものが美しい、とにかくいろいろです。
高い技術に身体能力、音楽を感じる力(反応し吸収し跳ね返し…みたいな)等々、それらが高い水準にある選手のみが「かたちにできる」類のもののように思われ、そこがもっと、いまでもされているとは思うのですが、もっと評価されてほしいなと僕は思っています。

最後のスピンは、本来はもっとギュンギュン(?)できるかな。すごいときは、そのギュンギュン感がハンパないので。
というわけで、次はフリー。よりシビアにそのときの状態が表れる厳しい競技(フリー)ですから、どの選手に対しても「復帰戦」は不安になってしまうのですが、心配してもしゃーないですよね。だから応援だ!ひたすら応援モードでいきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/03 22:34 ] 12/13終了した大会 | TB(0) | CM(2)
よくぞここまで。。
タロウさんこんばんは!
動画ありがとうございます!!
何だか涙出そうです。ここまでよく戻ってくれたと思います。
ほんとこのプログラムいいんですよね~~。彼のスケーティングの良さが光るというか。。持ち越して欲しいくらいですが、OPシーズンなのでムリかな。
とにかくこづこづがここまで戻ってきてくれたというだけでも嬉しいです♪
[ 2013/04/07 22:38 ] [ 編集 ]
Re: よくぞここまで。。
Sabomomoさん、こんばんは。

> ほんとこのプログラムいいんですよね~~。彼のスケーティングの良さが光るというか。。

ですねー。小塚選手の魅力を存分に引き出す名作だと思います。

タロウ
[ 2013/04/08 20:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL