フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【女子SP編 第2位】

2012/13シーズンのお気に入りプログラム、女子SPの第2位はこちら。



2 ケイトリン・オズモンド ("Mambo No. 8 by Perez Prado""Gwendoline by Perez Prado")
僕がこのプログラムを好きな理由は、「見ていて楽しい!」というのももちろんありますが、なんというのかな、非常にSPらしいSPだと思うんですね。「ショートはこうでなくっちゃ!」みたいな。ひとつの性格を前面に押し出し、それこそ押して押して押しまくる!という。SPはこういう「勢い」が強みを発揮する競技だと思いますし、語弊があることは承知でいいますが、それで乗り切れると。

粗いといえば粗い、そういう面もあるかもしれない。しかし、それが味になる。勢いに転じる。いまの彼女にしかできないプログラムだとも思いますし、これで本格的なシニアデビューのシーズンに殴り込んだれ!名前売ったれ!…そう考えていたかはいざ知らず、結果的に「戦略」としてもすごくよいかたちで成立していたのではないでしょうか。

とにかく、彼女は動きに動きまくりますよね。それがいい。女子ではなかなかお目にかかれないタイプ。多様性という観点からとらえたトランジションについては、これから磨かれていくのではないかと。いま少し、そのわかりやすさだったり迫力を大事にしてほしいな。
迫力といえば、スピンのウィンドミル(イリュージョン)もそう。「ちょこんちょこんちょこん」になってしまう選手も少なくない中、彼女の場合は「グイングイングイン」または「ブウォンブウォンブウォン」。そのドッカンドッカンくる感じ、それが好き。上の動画では勢い余って?失敗していますが…。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/30 20:53 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL