フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【女子SP編 第1位】

2012/13シーズンのお気に入りプログラム、女子SPの第1位はこちら。



1 カロリーナ・コストナー ("A Transylvanian Lullaby (from "Young Frankenstein" soundtrack) by John Morris""The Devil's Trill by Guiseppe Tartini")
あらためて、大好きです、このプログラム。何がいいんだろう? まずは、やっぱ選曲かな。彼女以外が滑るのをなかなか想像できないといいますか。実際いるかもなのだけど、想像できないというのがポイント。そこがもう、彼女のアドバンテージになっているようにも思うんですね。やはりカロリーナは一味違う。それで、ホントに違うわけですよね。その倍倍ゲーム?というかなんというか、その時点で配当が来ちゃうというか。

ストーリーは…どんなストーリーなの? でも、これもはっきりわからなくてよいのだと思います。「何か」を感じさせれば。その点、非常に巧い構成になっていると思うんですね。二部構成か三部構成か、とにかく、それぞれの対比が明確であると。そこに、それらを見事に演じ分け(られ)るコストナー選手の優れた表現力が加われば、そりゃあ惹きつけられるでしょうよ。そこですよ。そのたしかな技術あってこその「表現力」ですよ。現時点で、彼女が頭一つ抜けているかな…と僕は思うのですが。

そのあらゆる動きで音楽を表現しているさまだったり、演技全体の流れだったり、ステップの躍動感だったり、うーん、やっぱ大好きだ!すばらしい!美しい!
というわけで、今季のナンバーワンもカロリーナ・コストナー選手のプログラムでした。次は男子SPのベスト10です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/08 21:57 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL