フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【男子SP編 10-4】

2012/13シーズンのお気に入りプログラムを(勝手に)発表しちゃおう!というこの企画、少し間が開いてしまいましたが、続いて「男子SP」編のランキングです。

10 ロス・マイナー ("Rhapsody on a Theme by Paganini by Sergei Rachmaninov")
スケーティングにせよなんにせよ、すべてが非常に「きっちり」した選手(だと思う)なので、こういう「きっちり」とした音楽(音の強弱だったり、そのアレンジといった方がよいのか)が合っているように僕には感じられました。ステップの出口の「ジャンッ!」のところが特に好き。さあ、どこでしょう?(笑)。これはトム・ディクソン夫人が手がけたプログラムですが、出身のスウェーデンの選手を中心に、結構な数をこなしていらっしゃいます。何気に人気の振付師さん。

9 田中刑事 ("Afro Freak")
動いて動いて動きまくる、その刑事のチャレンジ(かどうかはわからないのだけれど)にまずは拍手を送りたく。苦戦することも少なくなかったので、本人的にはどう評価しているのかな…とも思うのですが、個人的には「こういう刑事が見られてうれしかったよ!」と声を大にしていいたい。なかなかいませんよ、こんなプログラムをこなせる選手は。うん、滑りこなせていたと僕は思う。これからもいろんなジャンルに挑戦してくれ。それだけ稀有な才能があるのだから。

8 デニス・テン ("The Artist Overture (from "The Artist" soundtrack) by Ludovic Bource""Waltz for Peppy (from "The Artist" soundtrack) by Ludovic Bource""The Sound of Tears (from "The Artist" soundtrack) by Ludovic Bource""L'ombre des larmes (from "The Artist" soundtrack) by Ludovic Bource")
世界選手権で大爆発したテンくんの『アーティスト』劇場第1幕がランクイン。彼のすばらしいテンは「演じることを楽しむ」、そんな余裕が感じられるところ。実際あるかどうかはさておき、「いま楽しそうだなー」っていう。あと、氷上でほとばしるパッションを最大限伝えることができる、数少ない選手の一人だとも思います。ただのパッションじゃなくて、「ほとばしる」。それも「最大限」に。その数は限られるでしょ? そんな彼に、今季やっと実績が追いついた。そんな感じ。

7 ネイサン・チェン ("Preludium and Allegro by Franz Kreisler")
JGP初参戦で圧勝(総合222.00点をマーク)した末恐ろしい14歳(にこないだなったばっか)のSPも、よく見返しています。まだ内面からあふれ出る…といったものまでは感じられないような気もするのですが、高い要求(だと思うな)の振り付けをよく理解し、自分のものにして、かつ一定の情感を伝えることに成功しているという、これまた末恐ろしい事実の前には、ただひれ伏すばかり。あと、きちんとこういう作品を与えられる環境にも、敬意を払うべきかと思います。

6 アレクサンダー・ジョンソン ("Concerto in F by George Gershwin")
初見では、曲がどうしてもフリーサイズに思えてならず、どうかな…と不安の方が大きかったのですが、全米でそれも解消。ええ、それはもう見事にね。このプログラムの見どころは、やはり「腕まくり」をしてからのステップか。なんとも小粋で遊び心にあふれており、かつ音楽的なポイントも押さえていて、トータルですばらしい内容。またこういうときのアレックスから感じられる「スケート好きなんだろうなー」感が、僕はとても大好きです。なんか、見ていてしあわせなんだよなー。

5 ジョシュア・ファリス ("Suite for Solo Cello No 1 in G Major: Prelude by Yo-Yo Ma")
路線としては、昨シーズンの『月の光』と重なるものがあるかと思うのですが、売り出し中のこの時期はそれでいいと思いますし、実際すこぶる相性がよい。スケーティングやトランジションにおいても、「自然に」音楽を表現できているなと。単独ジャンプの入り方とか、ステップも(もちろん)好きですね。あと、彼はスピンでストレスを感じない選手なので、2つスピンが続いて最後にステップという構成も、きわめてスムーズにこなせている。そのあたりも好印象です。

4 羽生結弦 ("Parisian Walkways by Gary Moore")
初っ端からカッコイイカッコイイといいまくっていた、本当に「カッコイイ」プログラム。そのパフォーマンスも男前で、ベストスコアを次々と塗り替えていったのは記憶に新しいところ。世界選手権で会心の出来が見られなかったのは本当に残念でしたが、それでプログラムの印象が損なわれるわけはなく、(自分的には)堂々のランクイン。
いまの羽生結弦にしか演じられないであろう、「大人」な羽生結弦。矛盾するようで矛盾しないこの感じ、おそらくおわかりいただけることと思います。ホント、いまこれだけのスケーターになっちゃって、これからどんななっちゃうの? それを見守る楽しみを与えてくれた神さまに、僕は本気で感謝しています。もちろん、ご本人にもね!

引き続き、ベスト3の発表です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/05/17 22:24 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。