フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

僕が選ぶ今季ベストプログラム 【男子フリー編 第1位】

2012/13シーズンのお気に入りプログラム、男子フリーの第1位はこちら。


(全米選手権の演技はこちら

1 アレクサンダー・ジョンソン ("Eleanor Rigby Compilation by The Beatles")
SP同様バレバレ?だったかもしれないし、またSP同様、僕にとってはぶっちぎりの1位でもありました。人間、あまりに美しいもの、きれいなものを見ると泣きそうになる…ということがあるかと思うのですが、それに近い感覚があるかな、このプログラムを見ると。まさに心の琴線に触れる、という感じだろうか。

なんというか、すべての振り付けに意味があるように感じられるというのか、アレックスの動きのひとつひとつからも、そんなものを感じますね。次に踏み出す一歩にも、高く掲げられるその手にも、そうでなくてはいけないんだっていう。僕は2シーズン前の全米選手権から、アレックスとトム・ディクソンが作る世界が大好きだと言ってきましたが、一つの到達点かなと思います、この作品は。もちろん、この先さらなる高みを目指してほしいですが。

彼らに限らず、もっとできる、というこの競技の「可能性」に対する前向きな希望が湧いてくるプログラム。うん、まだまだ伝える手段、伝えられることはたくさんありますよ、フィギュアスケートには。こういう演技、傑作と呼べる(呼びたい)作品をどんどん積み上げて、もっともっと発展していってほしい。そんな壮大(か?)な思いに駆られる今季のベストプログラム、すごくないですか? あくまで、「僕が選ぶ」ですけど。とにかく、こんなすばらしい世界を見せてくれたアレックスに、心から感謝。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/21 22:10 ] その他の記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL