フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【JGP第2戦】 ポリーナ・エドモンズ選手のフリー演技

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦、メキシコ大会は最終日、女子フリーの競技が行われ、アメリカのポリーナ・エドモンズ選手がジュニアGP初出場初優勝を果たしました。その彼女のフリー演技です。



いろんな意味でスケールの大きな選手ですよね。スラリとした体躯に大きなジャンプ、セカンドにトリプルトウをしっかり付けられる。滑りも大きく見えますし、スパイラルをさせても非常に見栄えがする。スピンはどの姿勢もきっちりしていて(シットなど「これでもか!」というぐらい要件を満たしているような)美しく、腕の使い方もしなやか。
曲も彼女のスケートや雰囲気に合っており、トランジションにも気を配っている。…うーん、そうなると、もうジュニアのプログラムじゃもの足りなくなるといいますか、コリオシークエンス込みで見たくなっちゃうなー。

今日は少しジャンプが不安定でしたが、その力の程はしっかり見せられたのでは? なんだかんだで…とかいうと怒られそうだけど、やはりスケート大国アメリカは層が厚い。基礎がきちんとした選手も多いもんな。これからの活躍(絶対しますよね?)に大いに期待したいと思います!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/08 22:26 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL