フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【JGP第3戦】 山隈太一朗選手のSPの演技

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第3戦、スロバキア大会の男子SPから、山隈太一朗選手の演技です。



冒頭から見せる演技をするなと。最後にステップというプログラム構成になっていますが、そこでも体全体を使って、キレのよい動きを見せていますよね。「これから練習を積んで、観客が『すごいな』ってもっと驚いてくれるようなキレのある踊りを見せていきたい」(※)とは本人の言葉。「キレのある踊り」、現にそうなってるじゃん!そういう意識もあるし、そうする(踊る)ことが好きなんだろうな。それがしっかり見る側に伝わる、想像させるのがすごいなと思います。

田中刑事選手と同門で、振り付けは宮本賢二さん。フリーは『アラビアのロレンス』とのことで、その演技も非常に楽しみです。あとマイナスは付いちゃったけど、足換えのキャメルスピンのレベル4はお見事でした。
(※www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/skate/130831/20130831058.html)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/14 23:45 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL