フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【JGP第5戦】 K. GAINETINOVA / I. BICH組のSPの演技

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第5戦、ベラルーシ大会のペアSPから、Kamilla GAINETDINOVA / Ivan BICH組の演技です。



出だしから少しぎこちない部分があったり、最後はタイムバイオレーションをとられたりと、それらをGP初戦の緊張感と表現するのはあまりに陳腐かとは思いますが、しかし内容はすごくよかったと思いますし、なによりプログラムがいい感じ
僕は2シーズン前の2人のSPがすごく好きで、そして今回の演技を見るにつけ、やはり明るい曲の方が彼らのよさが引き立つなと。昨シーズンも悪くはなかったですし、それしかダメというわけではないのですが。

▽2011/12シーズンのSP


世界ジュニアのCS解説を担当された岡部由紀子さんは、2人の「滑っているときの姿勢のよさ」が見ていて気持ちいいとおっしゃっていました。基本的な姿勢、つま先、指先等が丁寧であると。僕にはそこまでのことはわかりませんが、彼らを見ていて気持ちいいなと感じる理由は、そのあたりにあるのかもしれません。
もっている雰囲気もいいですし、とにかく好感度抜群のペアなので、今シーズンの活躍に大いに期待しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/27 23:14 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL