フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【JGP第6戦】 田中刑事選手のフリー演技

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第6戦、チェコ大会の男子フリーから、田中刑事選手の演技です。



いやー、4回転降りましたね!とてもとてもうれしいです。演技そのものにも、今回はすごく「強さ」を感じたなー。ステップでも体を大きく使えていたように見えましたし、トランジションでも力強い表現が随所に。それでいて、曲に応じた繊細な動きもできる。『アンタッチャブル』においてもそうでしたが、そうした演じ分けができるというのが、田中選手の強みだなとあらためて感じます。

1つアクセルがシングルになってしまいましたが、SP・フリーで1本ずつはしっかりと。加点もまずまずだったのですが、決して彼のベストのジャンプではなかったと思います。他にもそういうジャンプはあった、しかしミスにはしない。そこが頼もしい。スピンもややコントロールが上手くいかない場面が見受けられたものの、全体としては及第点といえるものだったのではないでしょうか。

これで1位1位でファイナル進出ですね!それもうれしい。でも、シニアの舞台で躍動する刑事も早く見たい。もっと長く見ていたいし、もっと深みを増したよいフリーになるだろうと。そういう大いなる希望と期待がありまして。勇み足かもしれんけど。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/06 21:15 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL