フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【フィンランディア杯】 リチャード・ドーンブッシュ選手のSPの演技

まさかの(といってよいと思う)8位スタートということで、一体何があったん?と思いましたが、そういうことか。2つ要素を落とせば、そりゃキツイ。あのコンビネーションに関しては、絶対跳んでおかなければ…という場面でしたよね。
リッキーはどちらかといえば、「抜ける」ことの方が多いんだよな。なので、適切な表現ではないかもしれないけれど、落ちるところまで(スコアが)落ちてしまうと。ベースがベースな上に、SPでは容赦なく「-3」をくらってしまいますから、見守るこちらは怖いのなんの…。

しかし、パフォーマンスそのものはよかったと思います。ステップは音楽をよく表現できていると思いますし、彼の明るいキャラクターにもあっているというか、それがよいかたちで表れているというか。リッキー特有のスケールの大きさも感じられましたし。フリーはGPにつながる演技を期待したいです。(www.youtube.com/watch?v=4DvdCiy6DRA)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/06 21:24 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL