フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【スケートアメリカ】 高橋大輔選手のフリー演技

ジャンプ要素の内、半数以上が不本意な出来。それでも、この演技は永久保存版だ。また何度も何度も見返すことになると思う。それはなぜか。そこに「愛があるから」ですよ。あ、しつこいですか(笑)。
あらためて、すばらしいプログラムだと思います。ローリーありがとう。こんな作品が見られて、僕はとてもしあわせです。

前回の記事にも書きましたが、5曲のつながりがきわめて自然に感じられる。(次の)曲がきちんと前の曲を受け止めて、次の曲へ引き渡す、そういう関係性が見える内容になっていると思うんですね。それぞれの存在する理由が、非常に明確なのだろうと。
またそれを演じる高橋大輔のすばらしさ。彼が滑れば、どのリンクもホームリンクだ。今日も美しく滑り、静かな熱をもって踊り、そして自由に舞っていたなー。

コリオシークエンスはそのカメラワークもなかなかで、高橋選手がつくり出す空間の圧倒的な広さと、それに浸る心地よさが画面からも伝わってきたよ。それが「特等席」に座るジャッジに伝わらないはずがない。昨日とまったく同じ顔ぶれだったけど、今日は"6点台"ないんですね("7点台"もわずか2つ)。これは完全なる皮肉です。
あとは本当にジャンプだ。それが難しいのは重々承知しているのですが。スピンは大丈夫です。まだ完成しているわけではないようですし、実施もこれから追いついてくるでしょう。

結果として、ファイナルに望みをつなぐ4位。ただ、NHK杯も激戦が予想されますから、厳しい状況には違いないと思います。いまはただ、高橋選手が納得のいく調整ができることを祈るばかりです。

それでも前を向くために be SOUL 2それでも前を向くために be SOUL 2
(2013/10/31)
高橋大輔

商品詳細を見る

関連記事 【ジャパンオープン】 高橋大輔選手の演技
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/20 21:48 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
そうなんですよ〜
SPもそうですが、ジャンプがこれだけ決まらないにも関わらず、魅入ってしまう自分にあきれるファンですが、そういう方が結構いらっしゃる…仲間がここにもいてうれしいです(笑)

彼の演技はいつでも、得点とは別に、その時その場でしか生まれないドラマというか、心の軌跡が感じられます。
スケートアメリカは苦しかったと思いますが、やっぱりそこでしか生まれないエモーショナルなものが生まれてきたように思いました。
タロウさん的にはまさに「愛!」ってことでいいでしょうか?

ソチまで半年を切り、周囲がレベルアップしていく中、厳しい状況ですが、愛が勝つといいなあと思ってます。





[ 2013/10/21 11:09 ] [ 編集 ]
Re: そうなんですよ〜
ニルギリさん、こんばんは。

> 彼の演技はいつでも、得点とは別に、その時その場でしか生まれないドラマというか、心の軌跡が感じられます。

まったくおっしゃるとおりだと思います。

> スケートアメリカは苦しかったと思いますが、やっぱりそこでしか生まれないエモーショナルなものが生まれてきたように思いました。
> タロウさん的にはまさに「愛!」ってことでいいでしょうか?

やっぱ「愛」かな?いや、わからないけど(笑)、なんなんだろう、高橋大輔の演技から感じられる「あの」感じは…というのは、いつもいつも思いますね。ホント、なんなんでしょう?あれは。

> ソチまで半年を切り、周囲がレベルアップしていく中、厳しい状況ですが、愛が勝つといいなあと思ってます。

ですね!きっと勝つと信じています。

タロウ
[ 2013/10/21 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。