フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートアメリカ】 アダム・リッポン選手のフリー演技

昨シーズン、既に披露されていたプログラムなのですが、すごくいい作品だと思います。リッポン選手の雰囲気にぴったりだし、どこがサビ(って表現もなんだけど)というでもなく、ずっと見せられる演技、惹きつけ続けられるそれは、すばらしい仕上がりだなと。さすが(振り付けを担当した)トム・ディクソン!というべきか。
スケーティングもよくなり、トランジションも足元だけでなく、空間も利用できている…というのは素人の推測に過ぎませんが、でもそういうところが非常に高く評価されそう。とにかく、トータルで魅せることができるプログラムですよね。

今季のリッポン選手は本当にいい感じだなー。正直、アメリカの代表(2枠!)争いに参戦するのは難しいのではないか?と思っていたので、とてもうれしいサプライズでした。次の試合も楽しみにしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/25 23:36 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL