フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 ユリア・リプニツカヤ選手のSPの演技

最初と最後、リンクにハート?を描く演出が、かえって(なのかどうかはわからないが)年相応の彼女を意識させ、なんかいい感じ。プログラムそのものも、僕はいいなと思いました。演技全体にいい流れが感じられるようになってきたかな。だから印象がよいのかもしれない。

ステップは、解説の荒川さんから成長の跡が見られるとお褒めの言葉が。スピンはいまさらながらすごい。キャンドルスピンも美しいとは思いませんが、やっぱすごい。こういう方向性のものも(もちろん)全然アリだと思います。
ラストのもすごいのだけど、最後かなり流れていってしまったのが惜しかった。これに「3」をつけたジャッジもいれば、「0」をつけたジャッジもいる。それでこそ、9人いる意味があるってもんです。どちらの側にも与するものではありませんが。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/26 22:59 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL