フィギュアスケートのアレコレ

フィギュアスケートのアレコレについて語るブログです。

【スケートカナダ】 羽生結弦選手のフリー演技

オーサーコーチ曰く、「彼は全部の試合に勝ちたいという欲があり、ペース配分がわかっていない」(28日付『朝日新聞』朝刊より)とのこと。他の選手を意識するあまり、気持ちが「空回り」してしまった…等の各紙報道も目にしましたが、そういう試合に臨むにあたっての「メンタル」の問題が大きかったのかなあ。

フリーに限らず、SPから「どうしちゃったんだろう?」と思わせる動きだったのはたしかだろうか。フリーも全体的にキレがないというか、滑りも本来のものではなかったように感じられましたし、とにかく彼のベストからは程遠い出来だったのだと思います。
解説の本田武史さんからも、「ちょっと後半のスピードがぐっと落ちてしまった部分が気になる」「疲れが出てから両足で立っている部分が長かったので、動けてないなというところがちょっと目立ってしまった」との指摘が。もっとも、まだシーズン序盤であり、(加えて)4回転を2回入れる緊張感や疲労感も出てくる、というお話もありました。

ただ、そういう部分はあったにせよ、まとめるべきところはまとめていた、といえる内容のように思いますし、最終盤のキツイ局面でスピンのレベル(「4」)をそろえたのも立派だったと思います。後半の印象は、決して悪いものばかりではなかった。
羽生選手本人も、既に気持ちは前に向いているようですし、次です!次。まだGPの1戦目が終わったばかり。何も心配することはないと思います。パフォーマンスが上がれば、自ずとその評価も上がっていくでしょう。僕がいうのだから、間違いないです。あ、言い切っちゃった。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/31 23:00 ] 13/14終了した大会 | TB(0) | CM(2)
お久しぶりです
タロウさんこんにちは
羽生選手、またまたグランプリ初戦は大変な試合になりましたね。タロウさんの何も心配することはない、という言葉で昨季のスケアメを思い出しました。本当にそうあってほしいです。
本田さんが解説で言っている「両足で立っている…」の部分ですが、両足スケーティングの少なさはSSで評価されるので疲れが出たのがそこに繋がっているのでしょうか?
とは言え、冒頭の4Sの転倒もあり体力消耗も激しかったでしょうが終盤はどうにか持ちこたえたので、スタミナは付いてきているかな?と思ったり…
初めての五輪シーズンで本来の力を出すことは難しかったかも知れませんが、少しずつ成長して行ってほしいです。
[ 2013/11/03 21:06 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです
まいまいさん、こんばんは。

> 本田さんが解説で言っている「両足で立っている…」の部分ですが、両足スケーティングの少なさはSSで評価されるので疲れが出たのがそこに繋がっているのでしょうか?

僕にはなんとも言えないのですが、そういうところを重く見たジャッジもいたかもしれません。

> とは言え、冒頭の4Sの転倒もあり体力消耗も激しかったでしょうが終盤はどうにか持ちこたえたので、スタミナは付いてきているかな?と思ったり…

スピンの実施などもしっかりしていましたから、そうじゃないかなーと僕も思ったり。

> 初めての五輪シーズンで本来の力を出すことは難しかったかも知れませんが、少しずつ成長して行ってほしいです。

そうですね。まだまだ若いのだから、失敗から学ぶこともたくさんありますよ。そうして大きくなっていく羽生選手を、これからも応援し続けたいと思います。

タロウ
[ 2013/11/03 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL